本のページ

SINCE 1991

神戸ゆかりの美術館「松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展 -SF漫画の巨匠と初代リカちゃん-」

神戸市:展覧会

神戸ゆかりの美術館で、「松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展 -SF漫画の巨匠と初代リカちゃん-」が開催中です。

『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』などで知られる漫画家・松本零士氏と、その妻で、初代リカちゃん人形のデザイン監修を手がけた漫画家・牧美也子氏という、それぞれブームを担った夫婦お二人の直筆原稿、漫画原稿、出版物、写真資料など約250点が紹介されています。

 

〔神戸ゆかりの美術館 サイトより〕

漫画家・松本零士は、福岡県出身、幼少期を明石で過ごしました。18歳で手塚治虫の仕事を手伝います。「男おいどん」(1971年)が出世作で(講談社出版社賞を翌年受賞)、その後「宇宙戦艦ヤマト」(1974年)、「銀河鉄道999」などの漫画とアニメが大ブームとなり、それ以降の日本文化に多大な影響を与えました。
少女漫画家・牧美也子は、神戸市出身。手塚治虫のテキスト「漫画大学」を手引きに漫画を描き、21歳でデビュー。少女漫画誌「りぼん」に連載された「マキの口笛」(1960~63年)や「銀のかげろう」(1968~69年)等、輝く瞳を持つ少女たちが成長していく作品を発表し、柔らかな色調による繊細な絵とリアリティある人物描写は、ファンの心をつかみました。1967年には、牧美也子が創出したキャラクターをモデルに、日本のファッションドール「リカちゃん」が製作発売されました。その後、大人の女性が読んで楽しめるレディースコミックを制作するなど、活動の場を広げました。
それぞれの時代を切り開いた表現者の二人は、手塚家で出会い、1963年に結婚しました。
本展では、このビッグカップルの直筆原稿、漫画原稿、出版物、写真資料等を約250点紹介します。
日本の少年少女に大きな影響を与えたイメージの実物を是非ご覧ください。

 

【展示会 概要】
・会場:神戸ゆかりの美術館
<住所>兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
・会期:平成28年9月10日(土)~11月20日(日)
・開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日:月曜日(ただし、9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
・入館料(カッコ内は前売りおよび20名以上の団体料金):
一般 900円(700円)/高大生 700円(500円)/小中生 400円(200円)
・主催:神戸ゆかりの美術館、神戸新聞社
・後援:サンテレビジョン、ラジオ関西
・特別協力:零時社
・企画協力:アートスペース

【関連】
神戸市:ゆかりの美術館
「松本零士・牧美也子夫婦コラボ展」に行ってきた – Archetype++

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です