本のページ

SINCE 1991

絵本作家・岡田よしたかさん×そうめん研究家・ソーメン二郎さん『そうめんソータロー』刊行記念イベント開催

岡田よしたかさんのたべもの絵本『そうめんソータロー』(企画・ソーメン二郎さん)

岡田よしたかさんのたべもの絵本『そうめんソータロー』(企画・ソーメン二郎さん)

人気絵本作家・岡田よしたかさんのたべもの絵本『そうめんソータロー』(企画:ソーメン二郎さん)がポプラ社より6月6日に刊行されます。

本書は、『マツコの知らない世界』やTwitterで話題になった岡田よしたかさんの、シュールすぎる「たべもの絵本」。主人公は、夏の風物詩「そうめん」(!)です。

なお、、刊行記念イベントが6月9日(日)に奈良で、7月7日(日)に東京で開催されます。

 

岡田よしたかさんのシュールすぎる! たべもの絵本の世界 夏の風物詩「そうめん」の自分探しストーリーが、老若男女に爽やかな読後感をお届けします!

岡田さんが手がけているのは、『うどんのうーやん』『こんぶのぶーさん』『ちくわのわーさん』(ブロンズ新社)など、身近な食べ物を主人公にした絵本。発売直後から「衝撃を受けた!」「たまらない!」などのつぶやきが急増。「Twitterで注目度急上昇中の絵本」としてTVで紹介されました。想定外の面白さに、子どもから大人まで夢中です。

 
<本書の内容>

今回の主人公は、夏の風物詩「そうめん」! 誰もが共感する自分探しストーリー
主人公・そうめんソータローは、夏場大人気。
しかし、さむーい冬がやってくると、だれからも見向きされなくなって…。
ソータローが一年中輝ける場所は、みつかるのでしょうか…!?

『そうめんソータロー』あらすじ

『そうめんソータロー』あらすじ

 

著者プロフィール

■作:岡田よしたかさん
「自分の絵は実物よりユーモラス」

岡田よしたかさん

岡田よしたかさん

画家・絵本作家。1956年、大阪府生まれ。1980年、愛知県立芸術大学油画科卒業。奈良県在住。

1987年より10年間保育園で働きながら、私家版の画集も制作。奇想天外なストーリーと味わい豊かな絵が大きな話題を呼び、子どもから大人まで幅広く支持されている。

 
■企画:ソーメン二郎さん
「そうめんはコミュニケーションツール」

ソーメン二郎さん

ソーメン二郎さん

奈良県桜井市生まれ。そうめん研究家。

そうめん製麺所の家系に生まれ、全国各地のそうめんを食べ歩き、そうめん文化の復権活動を日々行っている。

 

『そうめんソータロー』刊行記念イベントについて

絵本作家・岡田よしたかさんとそうめん研究家・ソーメン二郎さんの最強タッグで生まれたこの作品のイベントが奈良と東京で開催されます。

全てのイベントに、岡田よしたかさんとソーメン二郎さんは出演予定です。

 
■7月7日(日)@東京

(1) そうめんイベント@東京カルチャーカルチャー(渋谷) 12:30~14:30

(2) 『そうめんソータロー』刊行記念イベント@東急ハンズ新宿店 17:00~18:00 (変更予定あり)
トーク&試食イベント、岡田よしたかさんによる読み聞かせを予定。

 
■6月9日(日)@奈良

(3) 『そうめんソータロー』刊行記念イベント@啓林堂書店 奈良店2階 15:00~16:30
トーク&試食イベント、岡田よしたかさんによる読み聞かせやサイン会を予定。
★詳細URL:http://www.books-keirindo.co.jp/blog/top/post_418.html

 

そうめんソータロー
岡田 よしたか (著, イラスト), ソーメン二郎 (著)

夏は大人気のそうめんのソータロー。でも秋から冬になり、誰からも見向きもされなくなってしまいます。しまいには年越しソバにばかにされる始末。ソータローは懸命に自分の居場所をさがしますが…。作者は、『ちくわのわーさん』『うどんのうーやん』(ともにブロンズ新社)など、これまで多くの奇想天外な食べ物絵本を生みだしてきた岡田よしたかさん。三輪そうめんで有名な奈良県にお住まいの岡田さんが、同じく奈良県出身でそうめん研究家のソーメン二郎さんとコラボして、この本が生まれました。「季節を問わず、もっと多くの人たちにおいしいそうめんを食べてほしい!」という願いから、この本が生まれました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です