本のページ

SINCE 1991

『日経ヘルス』創設のビューティーミューズ大賞2017を女優・吉瀬美智子さんが受賞

『日経ヘルス』創設のビューティーミューズ大賞2017を女優・吉瀬美智子さんが受賞

『日経ヘルス』創設のビューティーミューズ大賞2017を女優・吉瀬美智子さんが受賞

働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」において5月21日、女優の吉瀬美智子さんが、美しく健康で今最も輝いている女性に贈られる「日経ヘルス Presents ビューティーミューズ大賞2017」を受賞しました。

 

吉瀬美智子さんが「日経ヘルス Presents ビューティーミューズ大賞2017」を受賞

同賞は、雑誌『日経ヘルス』が創設した「美しく健康で、今、最も輝いている女性」に贈る賞。4回目となる今年は、同誌の表紙やインタビューにもたびたび登場している吉瀬美智子さんを選出。5月20日・21日に開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2017」にて、授賞式とトークショーが行われました。

 
吉瀬さんが公の場に登場するのは、2016年10月の第2子となる女児を出産後初めて。黒のシースルードレスに身を包んだ吉瀬さんは、「第1子以上に、体型を戻すのに苦労しました。40代になると代謝が減るというか、2キロが減らないんです」とコメント。

 
司会者から産後ダイエットの秘訣について尋ねられると、「ありとあらゆることをやりました。ダイエットサプリも飲み、毎日体重を計って記録し、エステにも通って、ランニングマシーン、ホットヨガ、骨盤調整など、これ以上にないっていうくらいいろいろなことを試しました(笑)」と打ち明けました。最終的には復帰し、せりふを覚えることで体を絞ることができたということです。

 
「記憶するという行為は脳が糖を必要としますから、3食きちんと食べても痩せるんです。朝と昼はお弁当のご飯も残しませんし、炭水化物はきちんと摂っています。食べないとせりふが頭に入ってこなくなってしまうので(笑)。夜は(炭水化物を)控えるようにしていますが、せりふが多いときは夜もごはんを食べていますね。みなさん、痩せたいときは何か覚えるといいですよ!」
・・・だそうです。

 
体型維持のため、ホットヨガに通っているそうですが、「時間がないときは、バスソルトを入れたお風呂に1時間から1時間半ほど入って汗を流します」と語り、この前日も1時間半ほど入浴し、授賞式に備えて、「絞り出してきました」と明かした吉瀬さんは、32歳のときにモデルの肩書きを捨て女優の道1本に絞っています。
女性がキャリアの選択に悩んだ際の対処法について聞かれると、「迷っているくらいなら進みましょう」ときっぱり。「あたらしい風を取り入れるときには、何かを捨てないと」と、会場の女性たちにメッセージを送りました。を魅了した。

 
★〔動画〕【WOMAN EXPO TOKYO 2017】「ビューティーミューズ大賞2017」授賞式&スペシャルトーク

 

WOMAN EXPO TOKYO 2017 概要

「WOMAN EXPO TOKYO」は、自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために役立つ情報や体験を、講演・セッション、展示などリアルの場で提供します。今回で4回目の開催となります。過去3回は、2日間で約1万人が来場。

●会期:2017年5月20日(土)・21日(日)
●会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス
●主催:日本経済新聞社、日経BP
●協力:テレビ東京、BSジャパン、日経HR  後援:経済産業省

公式ホームページ: http://www.woman-expo.com/tokyo/
公式ツイッター: https://twitter.com/womanexpo (@WOMANEXPO)
公式インスタ: https://www.instagram.com/womanexpo2014/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です