本のページ

SINCE 1991

「第一回 夏井いつきのおウチde俳句大賞」が決定! 大賞は福島県の佐藤儒艮さんが受賞

「第一回 夏井いつきのおウチde俳句大賞」が決定!

「第一回 夏井いつきのおウチde俳句大賞」が決定!

『夏井いつきのおウチde俳句』(朝日出版社)の刊行を記念して開催された「第一回おウチde俳句大賞」の授賞式が、令和元年の初日、5月1日に日比谷の松本楼にて開催されました。

 

応募総数24,519句!「第一回 夏井いつきのおウチde俳句大賞」が決定!

昨年11月8日から2月28日までの応募期間に集まった投句の数は、24,519句。7歳から98歳まで、多岐にわたる年齢の方から応募がありました。

 
「おウチde俳句大賞」は、「リビング」「台所」「寝室」「玄関」「風呂」「トイレ」の6つの場所がテーマ。

「家の中にも俳句のタネはたくさん転がっているので、病気やケガ、介護などで外出がままならない人たちも、五感と第六感を使っておうちで俳句を楽しんでほしい」という思いから、選者である夏井いつきさんによって、優秀作30句、その中から各部門の最優秀賞が選ばれました。

夏井さんが全国で行っている「句会ライブ」の形式にのっとり、各部門の最優秀賞に選ばれた6作品に対して、さまざまな感想や句が詠まれた背景についての「鑑賞」が行われたのち、最後の一句である大賞は、会場に集まった100名の参加者たちの多数決によって決定しました。

 

第一回おウチde俳句大賞 受賞作品

■第一回おウチde俳句大賞(寝室部門 最優秀賞)

「さへづりは礫寝返りの瞼に」(佐藤儒艮さん)

【作句にあたって】
田舎住んでいるので、今は5時ぐらい前から明るくなって、外では鳥がぴちぴち鳴いています。庭にはきじも入ってきて、礫どころかハンマーで殴られるかのようなケンケンという鳴き声も聞こえるほど。そんな風景を詠んだ句です。

 
■リビング部門 最優秀賞

「居間に咲く牡丹のような母がいる」(江戸川散歩さん)

【作句にあたって】
20年前に母親が亡くなり、母を追想して詠んだ句です。苦しいことがあってもいつも笑顔で、太っ腹で、恰幅がよくて……。存在感があって、花にたとえると牡丹のイメージ。

母を懐かしみながら、ふっとこの句が思い浮かびました。

 
■台所部門 最優秀賞

「もがりぶえひょうはくざいのにおいかな」(水野結雅さん)

【作句にあたって】
台所でふきんを洗っているときに、もがりぶえが聞こえてきて作った句です。

これは普段、僕が家でやっている仕事なんですが、もがりぶえと漂白剤って独特な感じがするし、もがりぶえは寂しい感じがするので、漂白剤とあっているかなと思いました。

 
■玄関部門 最優秀賞

「夕虹や我が子を比べぬと誓う」(荒谷恵友美さん)

【作句にあたって】
4歳の息子がいます。3月で早生まれのこともあり、保育園のお友達よりも幼いところがあったのですが、家に一緒に帰ってきたときに、息子は初めてナマの虹を見ました。でも、まだ虹だと認識ができなくて、「どれ?どれ?」と聞かれて、玄関から出て「あれだよ」と指さして教えてあげると、初めて虹を認識して喜んでくれました。そのときに子どものことを愛おしく感じて詠んだ句です。

 
■風呂部門 最優秀賞

「老いぼれの裸身の曇る鏡かな」(冬のおこじょ さん)

【作句にあたって】
まさかこの句が選ばれると思わなかったので、自分でもびっくりしています。寝室の句がいけるかなと思っていたので…。

たぶん、夏井先生の「湯冷めしてぞっとするほど父に似る」の句とリンクして詠んだんだと思います。

 
■トイレ部門 最優秀賞

「無月なりトイレに鍵をする独居」(ふるてい さん)

【作句にあたって】
他の部門の句はたくさん作ったんですが、トイレだけできなくて…。トイレに入ったときに、僕は一人暮らしなのになんで鍵をしてるんだろうって思って作った句です。

きっと心の奥底でなんか怖いのかなと思ったりして。僕のビビりなところと無月を掛け合わせてみました。

 
<第一回「おうちde俳句大賞」 優秀賞 三十選>

【リビング部門】
リモコンの位置が変わつてゐて蜜柑(山本卓登さん)
七階は雪の行方がわかる場所(上農多慶美さん)
秋風が居間の手紙を読めという(村井康典さん)
居間に咲く牡丹のような母がいる(江戸川散歩さん)
藤寝椅子教師になりたかった父(猫愛すクリームさん)

【台所部門】
もがりぶえひょうはくざいのにおいかな(水野結雅さん)
ブロッコリーゆであがる刹那熱唱(江口小春さん)
ぶった切るキャベツの破片窓につく(豊田すばるさん)
ばばのたくめしはやはらかはるうれひ(あねご さん)
缶詰に賞味期限や鵙の贄(森田欣也さん)

【寝室部門】
天ノ川二段ベッドニ集合セヨ(ワンダフルもずく さん)
さへづりは礫寝返りの瞼に(佐藤儒艮さん)
まばたきで礼せし妻の毛布替え(水田千種さん)
春寒や死にきれぬほど散らかりぬ(こま さん)
寝たきりの命の匂い梅雨明けぬ(あや さん)

【玄関部門】
ドアチェーンかけて夜長を城とする(関口徹夫さん)
なのかかんかまきりあまやどりぼくのあさがお(ましまのぶと さん)
吹雪く日のセールスマンを入れにけり(大谷正太さん)
玄関に夫の金槌日永かな(葵そら さん)
夕虹や我が子を比べぬと誓う(荒谷恵友美さん)

【風呂部門】
湯船から白鳥座見え子が嫁ぐ(三郎 さん)
爪立ててもつと柚子湯にしてあげる(松田夜市さん)
夕顔や風呂に綺麗な声が住む(あいむ李景 さん)
老いぼれの裸身の曇る鏡かな(冬のおこじょ さん)
涼しさや風呂場に母の髪を切る(紗千子 さん)

【トイレ部門】
月白の便器は泉花の冷(蟻馬次朗さん)
無月なりトイレに鍵をする独居(ふるてい さん)
血便の薔薇の花めく寒の入(にゃん さん)
風邪の夜や雲踏むやうに行くトイレ(小野更紗さん)
花びらの触れて勝手に開く便器(大塚迷路さん)

 
なお、第二部では「ベランダ」をテーマに当日句会を開催し、10名の方が賞品を獲得。
北海道から沖縄まで、全国から集まった方たちが俳句を通じて交流を深め、第一回「おウチde俳句大賞」授賞式は、盛会のうちに終了しました。

 

「授賞式を終えて」夏井いつきさん コメント

こんなに面白い人が100人も集まるとは思っていませんでした。そして、こんな豊かな時間をご一緒できるとは思っていませんでした。

目の前にあるのはたった17音の俳句ですが、皆さんと一緒にそれを読み解いていくという時間のなんと豊かなことか。俳句の向こうにあるそれぞれの人生をみんなで共有させていただいている、そんな思いがいたしました。

私は日本じゅうで句会ライブをやっていますが、どの句会ライブでも、100人単位でも、多いときには1000人を超す句会ライブでも、皆さんと心を通い合わせることができる。それが本当にうれしいです。

そして、こういう場所に自分を置くと、私の体の中の血が全部浄化されてきれいになっていくような気持ちもいたします。

この「おウチde俳句大賞」というのは、「外に出られない私は俳句を作る資格がないのですか」「歩けない私は俳句を作ってはいけないのですか」「介護の両親を抱えていて日々の中に埋もれている私はもう二度と俳句を作れないのでしょうか」……、いろんなことを皆さんに言われて、その言葉が全部私の心に突き刺さっていました。そのような思いの果てに、今回「おウチde俳句」という本、そして「おウチde俳句大賞」というものが生まれました。

年に一度、ここに来ることを生きる糧にして暮らしていってくださる方が増えることがうれしゅうございます。来年こそは、このレインボーのところに自分の句が貼られるように、今日からおウチで一句、一緒に励んでまいりましょう。

 

夏井いつきのおウチde俳句
どこに居ても、いつだって俳句はつくれます!

なにげない日常の中に「俳句のタネ」を見つけるコツと、誰でも簡単に俳句がつくれる秘訣をやさしく教えます。

バラエティ番組『プレバト!!』(MBS / TBS系)の俳句コーナーで大人気の俳人 夏井いつきが、家の中のモノを題材に俳句の作り方を教える初心者向けの本。リビングや台所、寝室などの場所ごとに、「食材」「日用品」「家事」「家族」「眠れぬ夜」など、俳句のタネを探すコツを伝授。一般の方から募集した俳句を例に、初心者にありがちなクセや凡人によくある発想などを徹底解説。「壁に飾られているモノは?」「台所にある食材は?どんな味?食感?」など、穴埋め感覚で楽しい、書き込みドリル付。ポイントは五感を活用しながら、想像力を膨らませること。家の中にだって俳句のタネはたくさんある! ということを実証する、初心者から経験者まで楽しめる指南書。

*本書は様々な事情を抱え、外へ出られない方々が自由に俳句がつくれるようにとの思いを込めてつくられました。

出版記念 第1回「おウチde俳句」大賞投句はがき付!

 
【関連】
おウチde俳句大賞 | 朝日出版社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です