本のページ

SINCE 1991

刊行50周年記念『花さき山』絵本パネル展が東京・文京区立図書館で開催

刊行50周年記念『花さき山』絵本パネル展が東京・文京区立図書館で開催

刊行50周年記念『花さき山』絵本パネル展が東京・文京区立図書館で開催

岩崎書店は、今年刊行50周年を迎える絵本『花さき山』のパネル展を、東京都文京区立図書館の5施設にて5月19日まで開催中です。

 

山菜をとりにいって、山ンばに出会ったあや。やさしいことをすると美しい花がひとつ咲くという花さき山の感動のものがたり。

NHK『あさイチ』で、元厚労省の村木厚子さんが勾留中、心を支えた絵本として紹介され、話題となった『花さき山』の刊行50周年を記念して、東京都文京区の図書館4館1室にてパネル展が開催されています。

 
<文京区4館1室 子ども読書の日記念 合同イベント「花さき山パネル展」開催概要>

■会期:2019年4月23日(火)~5月19日(日)
◎休館日:第3月曜日(小石川・本駒込・湯島・大塚)/第4月曜日(目白台)

■時間:平日・土 午前9時~午後9時/日・祝 午前9時~午後7時

■会場:小石川図書館・本駒込図書館・目白台図書館・湯島図書館・大塚公園みどりの図書室
◎URL:https://www.lib.city.bunkyo.tokyo.jp/index.html

■入場料:無料

■問合せ:小石川図書館(TEL:03-3814-6745)

 

著者プロフィール

■作:斎藤隆介(さいとう・りゅうすけ)さん

1917年生まれ。東京都出身。明治大学文芸科卒業。

1968年、短編童話集『ベロ出しチョンマ』で小学館文学賞、1971年『ちょうちん屋のままッ子』でサンケイ児童出版文化賞、1978年『天の赤馬』で日本児童文学者協会賞を受賞。

ほかに『職人衆昔ばなし』『立ってみなさい』『ゆき』などの作品があり、滝平二郎さんと組んだ絵本『八郎』『花さき山』『モチモチの木』などもよく知られている。1985年没。

 
■絵:滝平二郎(たきだいら・じろう)さん

1921年4月1日生まれ。茨城県出身。1940年頃から日本版画を始め、戦後、小学校の代用教員を経て、木版画家としての地位を確立。

1960年代に入ると本格的に出版美術の仕事に取組み、詩情あふれる独自の「きりえ」が、新聞連載を期に社会現象となった。2009年没。

 

花さき山 (ものがたり絵本20)
斎藤 隆介 (著), 滝平 二郎 (イラスト)

山菜をとりにいって、山ンばに出会ったあや。”やさしいことをすると美しい花がひとつ咲く”という花さき山の感動のものがたり。やさしさとは何か、美しい花を咲かせた心とは……。

 
【関連】
4/23~5/19 「花さき山」パネル展、東京・文京区にて開催 – 株式会社岩崎書店 このサイトは、子どもの本の岩崎書店のサイトです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です