本のページ

SINCE 1991

アマゾン、日本出版販売(日販)への既刊本の発注を一部中止へ

共同通信ほかの報道によると、ネット書店大手アマゾンジャパンが、出版取次大手の日本出版販売(日販)への一部既刊本の発注を6月末で取りやめる旨、4月28日付けで出版各社に通知したとのことです。

 
中止するのは、日販に在庫のない既刊本を調達するための「日販バックオーダー発注」と呼ばれるもの。書店から日販に書籍の発注を行った場合、日販にも在庫がなければ、日販が各出版社から取り寄せを行う仕組みです。

なお、新刊本や、日販に在庫がある既刊本の発注は継続するそうです。

 
以前より、出版社との直取引を進めているアマゾンですが、着々と動いています。
アマゾンはよく利用しますが、でもアマゾン1強になる(もう、なっている?)のは好ましくないです。出版社にとっても短期的には良いかもしれないですが、長期的にはいかがなものかと不安です。アマゾンが無くては生きていけない、という状態になった時点で、アマゾンがニヤッとムチャ振りしてきそう。

 
【関連】
アマゾン、出版社と直接取引強化 日販への発注一部中止へ – 共同通信 47NEWS

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です