本のページ

SINCE 1991

楳図かずおさんの『漂流教室』の世界を徹底的に読み解くムック本 川島小鳥さん、椹木野衣さんも登場

漫画家・楳図かずおさんの『漂流教室』を特集したムック本『楳図かずお『漂流教室』異次元への旅』が5月1日、平凡社より発売されました。

 
『漂流教室』は、楳図かずおさんが小学館の『週刊少年サンデー』で1972年から1974年にかけて連載した作品。校舎ごと荒廃した未来にタイムスリップした大和小学校の少年少女たちがさまざまな困難に立ち向かう物語です。

 
本書では、今なお国内外で読み継がれて多くの人々を魅了してやまない『漂流教室』をテーマに、美術評論家で多摩美術大学美術学の部教授の椹木野衣さんが3日間かけて行なったロングインタビューや、写真家・川島小鳥さんが撮影したルポルタージュ「楳図かずお 異次元への旅」、楳図かずおさんからの最新メッセージのほか、歌人・穂村弘さん、絵本作家・漫画家の「100%ORANGE」の及川賢治さん、ブックデザイナー・祖父江慎さんによるエッセイなどを収録しています。

また、登場人物図鑑や大和小学校のイメージ間取り図、製作ノートの一部など、貴重な資料も公開。

 

楳図かずお『漂流教室』異次元への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖33)

◆内容紹介

漫画家・楳図かずおが少年漫画誌で連載した空前絶後の衝撃作『漂流教室』。
大和小学校を舞台に少年少女たちがさまざまな困難に立ち向かう壮大な物語は、約45年の時を超えてもなお国内外で読み継がれて多くの人々を魅了してやまない。

「今日と変わらない明日が来るとは限らない」というメッセージとともに、
『漂流教室』が描いた生きるためのヒントをいま改めて知るための永久保存版。
椹木野衣が3日間かけて行なったロングインタビュー、川島小鳥が撮影したルポルタージュ、楳図かずおからの最新メッセージほか、本書初公開情報多数。

◆目次

巻頭言 『漂流教室』の舞台はそんなに遠い未来ではない。 文=椹木野衣

ルポルタージュ 楳図かずお異次元への旅 撮影=川島小鳥

漂流タイムズ~空間で知る~

『漂流教室とは何か』――詳細あらすじ。ネタバレ注意!

人物相関図/主要登場人物図鑑/東京中心部の地図/広域図の地図/大和小学校のイメージ図

エッセイ 1970年代、はじまりの東京 文=畑中章宏

漂流新聞~時間で知る~

キーワードで読み解く『漂流教室』の時代 文=及川道比古、畑中章宏
子どもたちが死ぬ/公害/光化学スモッグ/ゴミ/巨大地震/怪虫/
奇形・変身/砂漠/ホログラフィー/憑依・超常現象/人質・監禁

楳図かずおロングインタビュー
いま初めて語る『漂流教室』のすべて 聞き手=椹木野衣 撮影=前康輔

楳図かずお略年譜 作成=高橋明彦

楳図かずお全300作品初出誌データ 作成=高橋明彦

ファナティックエッセイ 穂村弘/100%ORANGE及川賢治/祖父江慎

 
【関連】
楳図かずお『漂流教室』 異次元への旅 – 平凡社
太陽の地図帖(@taiyonochizucho) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です