本のページ

SINCE 1991

自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービス 事前登録がスタート

自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービス 事前登録がスタート

自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービス 事前登録がスタート

大手出版社の講談社が先月(3月)、スマートフォンだけで自分の電子書店を開設できるブラウザーベースのサービス「じぶん書店」を4月にリリースすると発表しましたが、ついに、一般ユーザーの書店開設機能を4月20日にリリースし、事前登録を開始しました。本オープンは5月15日。

 
「じぶん書店」では、 講談社から発売している雑誌・書籍・コミック等、全ジャンルの電子書籍約32,000タイトルから、売りたい作品をピックアップして「自分だけの電子書店」(マイ書店)を作ることができます。「じぶん書店」サービスのシステムの開発・運営は講談社と株式会社メディアドゥ(本社:東京都千代田区)が共同で行います。

書店開設は無料。開設した書店や作品を紹介した文章は簡単にTwitterやFacebookなどのSNSにシェアできます。

開設するには、登録ページでTwitter、Facebookのアカウントと連携するか、メールアドレス、ニックネームなどを入力する必要があります。

 
電子書籍が売れた場合、10%のアフィリエイトコインが書店運営ユーザーに振り出されます。このコインは電子書籍の購入や、書店に並べられる商品点数の拡張などに使えるほか、ポイント交換サイト『ドットマネー(.money) 』と連携しているので、他のポイントやマイルに替えることも可能です。

 
本サービスのリリース時には一般ユーザーの書店のほか、『島耕作』シリーズの弘兼憲史さん、『沈黙の艦隊』『ジパング 深蒼海流』のかわぐちかいじさん、『逮捕しちゃうぞ』『ああっ女神さまっ』の藤島康介さん、『ピーチガール』の上田美和さん、『いとしのムーコ』のみずしな孝之さん、『わたしに××しなさい!』の遠山えまさんなど、100人以上の作家・漫画家が公式書店を開設する予定です。

 
開設を希望される方は https://jibunshoten.com で会員登録をしてください。

 
ちなみに、私も会員登録してみました。パソコンからアクセスしましたが、問題なく登録できました。あとは、5月15日の本サービススタートに向けて書籍の登録をどんどん進めておくだけです。

 
【関連】
2017.04.20 new! じぶん書店事前登録開始!
講談社「じぶん書店R」4月20日より、事前登録開始! 本オープンは5月15日に決定|株式会社講談社のプレスリリース

講談社、自分だけの電子書店が持てる「じぶん書店」サービスを開始へ | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です