本のページ

SINCE 1991

江波戸哲夫さん『集団左遷』『銀行支店長』が福山雅治さん主演で連続ドラマ化

江波戸哲夫さん『集団左遷』『銀行支店長』が福山雅治さん主演で連続ドラマ化

江波戸哲夫さん『集団左遷』『銀行支店長』が福山雅治さん主演で連続ドラマ化

江波戸哲夫さんの小説『集団左遷』と『銀行支店長』が、TBS日曜劇場『集団左遷!!(仮)』として連続ドラマ化され、4月より放送されます。福山雅治さんが21年ぶりにTBS連続ドラマ出演で香川照之さんとタッグを組みます。
また、講談社では、原作2作品を1月16日より講談社文庫にて発売します。

 

江波戸哲夫さん『集団左遷』『銀行支店長』ドラマ化コメント

「世界経済はますます混迷を深め、日本のビジネスマンもその家族も、いつ不意に牙をむいて襲ってくるかもしれない“左遷の危機”に戦々恐々としているだろう。

最近、いっそう男の風格を増した福山雅治さんと香川照之さんが、その“危機”に直面した時、どのような熱い闘いをするのか、はたまた切ない裏切りに追い込まれるのか……。

巨大組織の理不尽と果敢に対峙する戦士として私が描いた銀行員たちが、このドラマの中でどんな新しい命を吹き込まれるのか、興味津々だ。」

 

江波戸哲夫さん プロフィール

江波戸哲夫(えばと・てつお)さんは、1946年生まれ。東京都出身。東京大学経済学部卒業。都市銀行、出版社を経て、1983年作家活動を本格的に始める。政治、経済などを題材にしたフィクション、ノンフィクション両方で健筆をふるっている。

近著に『起業の砦』『新天地』『定年待合室』など。

 

『新装版 銀行支店長』『集団左遷』 あらすじ

■『新装版 銀行支店長』

周囲は敵だらけ! 行内最難関といわれる支店、それは手ごわい合併先の本丸だった。”闘う支店長”片岡はどうする!?

大手銀行支店長の片岡史郎は、合併した信金の本店だった飯田橋支店の立て直しを命じられる。信金猛者たちが巣食う牙城に腹心の部下二人と乗り込んだ片岡は、抵抗に遭いながらも、再建にむけて苛烈に戦い抜く……白熱の銀行小説!

 
『集団左遷』

ドラマは銀行。小説は不動産。社内で無能の烙印を押された五十人の絶望的な闘い。目標達成できなければ全員クビに!?

篠田洋が本部長を命じられた首都圏特販部は、不況下の不動産業界で初年度60億という無謀な販売計画を押しつけられた、大量解雇を目的とした新設部署。しかも社内の他部署からは妨害すら受ける始末。なんとか陣容を整えた篠田は、奇蹟の大逆転を目指し、絶望的な闘いを始めたのだが―!?

 

日曜劇場『集団左遷!!(仮)』について〔敬称略〕

■放送日時:2019年4月スタート 毎週日曜よる9時~9時54分

■スタッフ
◎制作著作:TBS
◎原作:江波戸哲夫『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)
◎脚本:いずみ吉紘
◎プロデュース:飯田和孝・中前勇児
◎演出:平川雄一朗・田中健太

■出演者
◎片岡 洋(かたおか・ひろし):福山雅治
◎真山 徹(まやま・とおる) :香川照之

 

集団左遷 (講談社文庫)
篠田洋が本部長を命じられた首都圏特販部は、大量解雇を目的とした新設部署だった。各部署から集められた精鋭50名というのは名ばかりで、不況下の不動産業界で初年度60億という実現不可能な販売計画を副社長の横山は新設部署に押しつけてくる。しかも社内の他部署からは協力どころか、妨害すら受ける始末。社内で無能とされた部下たちとなんとか陣営を整えた篠田は、奇蹟の大逆転をめざし、大口の取引を取り付けるのだが!?

 
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)
大手銀行支店長の片岡史郎は、合併した信金の本店だった飯田橋支店の立て直しを副頭取から命じられる。信金の猛者たちが巣くう牙城に腹心の部下二人と乗り込んだ片岡は、古参組の抵抗に遭いながらも、垂範率先して徐々に三友イズムの浸透させていく。だが勝手の違う融資先には手を焼き、部下をやる気にさせ融資を決めたビューティーサロンのスキャンダルに巻き込まれる。そして娘の不登校の問題も抱えた片岡に、さらなる難題が!?

 
【関連】
日曜劇場『集団左遷!!(仮)』|TBSテレビ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です