本のページ

SINCE 1991

湊かなえさん『白ゆき姫殺人事件』文庫版が100万部を突破!

湊かなえさん『白ゆき姫殺人事件』文庫版が100万部を突破!

湊かなえさん『白ゆき姫殺人事件』文庫版が100万部を突破!

不可解な殺人事件を巡り暴走する「噂」の恐ろしさを描いた湊かなえさんの長編小説『白ゆき姫殺人事件』が、文庫単体で累計発行部数100万部を突破しました。

湊かなえ作品の文庫の発行部数が100万部を超えるのは『告白』『少女』(いずれも双葉文庫)に続き3作目です。

 
2014年3月に井上真央さん主演で映画化され、話題を呼んだ本作品。文庫版は2014年2月に初版25万部で発行。2018年12月10日に22度目の重版で累計100万部となりました。

本作は湊かなえさん初の電子書籍として配信もされており、文庫・単行本・電子の累計は111万部を超えています。

 

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)
美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。同僚、同級生、家族、故郷の人々。疑惑の女の関係者たちがそれぞれ証言した驚くべき内容とは!?
ネットや週刊誌報道を中心に、無責任な「噂話」が広まり、彼女の人物像はますます見えなくなっていく。
果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも――。
ヒットメーカーの湊かなえが描くミステリ長編。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です