本のページ

SINCE 1991

浦沢直樹さんが第38回大阪国際女子マラソンのイメージキャラクターを描き下ろし!

浦沢直樹さんが第38回大阪国際女子マラソンのイメージキャラクターを描き下ろし!

浦沢直樹さんが第38回大阪国際女子マラソンのイメージキャラクターを描き下ろし!

2019年1月27日(日)に開催される「第38回 大阪国際女子マラソン」(主催:産経新聞社ほか)のイメージキャラクターを、『YAWARA!』『20世紀少年』などで知られる漫画家・浦沢直樹さんが描き下ろします。

さらに、キャラクターを使った大会メインビジュアルが年明け早々から、マラソンコースの一部である大阪・御堂筋沿道のバナーフラッグとしても登場する予定です。

 
浦沢さんが手掛けたイメージキャラクターは、疾走感、前を見据える真っすぐな目が印象的で、まさにニューヒロイン誕生が注目される今大会をイメージさせるものとなっています。イメージキャラクターを漫画家が手掛けるのは、今回で38回目を迎える大会の歴史において初めて。

 
浦沢さんは、幼い頃から漫画を描き始めた一方で、中学時代は陸上部に所属。漫画を描きながら毎日走り続けた経験から、「陸上競技は孤独との戦い。漫画制作と似た面もある」と語っています。

柔道ブームを巻き起こした『YAWARA!』では、五輪開催前のバルセロナを取材。その際、女子マラソンのゴール地点・メインスタジアムがあるモンジュイックの丘を歩いて登り、坂道の激しさを体感しました。それゆえ、五輪女子マラソン本番のレース終盤、その急坂で行われた有森裕子さんのデッドヒートの場面は「今、録画で観てもぼろぼろと泣いてしまうほど」だと話しています。

 
なお、本大会は東京五輪代表選手を選考する「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(来年9月15日開催予定)の出場権をかけたMGCシリーズの一つ。大会の様子は当日、「カンテレ開局60周年特別番組 奥村組スポーツスペシャル 第38回大阪国際女子マラソン」(12時~14時55分、カンテレ・フジテレビ系全国ネット)で生放送されます。

解説は、増田明美さん(スポーツジャーナリスト)、有森裕子さん(バルセロナ五輪銀メダリスト・アトランタ五輪銅メダリスト)、高橋尚子さん(シドニー五輪金メダリスト)、千葉真子さん(パリ世界選手権銅メダリスト)、野口みずきさん(アテネ五輪金メダリスト)。

 
【関連】
2019大会 メインビジュアル | 第38回 大阪国際女子マラソン 公式ホームページ
HOME | 第38回 大阪国際女子マラソン 公式ホームページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です