本のページ

SINCE 1991

『錆喰いビスコ』が「このライトノベルがすごい!2019」文庫部門[総合][新作]史上初のダブル1位を獲得 今冬にはコミカライズも

電撃文庫『錆喰いビスコ』表紙 (C)SHINJI COBKUBO 2018

電撃文庫『錆喰いビスコ』表紙 (C)SHINJI COBKUBO 2018

KADOKAWAの「電撃文庫」より刊行されている『錆喰い(さびくい)ビスコ』(著:瘤久保慎司さん/イラスト:赤岸Kさん/世界観イラスト:mochaさん)が、『このライトノベルがすごい! 2019』(11月24日刊行)にて、文庫部門【総合】【新作】において史上初のダブル第1位に選出されました。

また、11月24日からはTVCMも放送がスタート。今冬にはコミカライズされ、マンガアプリ「マンガUP!」にて連載が開始される予定となっています。

 

第24回電撃小説大賞の応募作の中で“一番ぶっとんでいる”『錆喰いビスコ』が『このライトノベルがすごい! 2019』文庫部門【総合】【新作】で1位!

『このライトノベルがすごい!』は、宝島社が2004年から年1回発行しているライトノベルのガイドブックです。「好きな作品(シリーズ)」「好きな女性キャラクター」「好きな男性キャラクター」「好きなイラストレーター」を答えるアンケートが実施され、その結果がランキングとして掲載されています。

 
今回、ダブル1位に選出された『錆喰いビスコ』は、最強のキノコ守り・赤星ビスコと、美貌の少年医師・猫柳ミロが、死を運ぶ《錆び風》が吹き荒れる日本を舞台に、いかなる錆も溶かし健康を取り戻すという、伝説の霊薬キノコ《錆喰い》を求め旅に出る冒険譚です。

本作は、2016年4月から2017年4月に寄せられた、第24回電撃小説大賞の応募作の中で“一番ぶっとんでいる”と評され、見事《銀賞》を受賞。2018年3月に第1巻を、同年8月に2巻を刊行。2019年1月には第3巻の刊行を予定のほか、コミカライズも今冬から連載開始を予定しています。

 

『錆喰いビスコ』ダブル1位獲得にあたってのコメント

■著者:瘤久保慎司(こぶくぼ・しんじ)さん

「『錆喰いビスコ』は、ものごとのセオリーを差し置き「こうしたら楽しかろう!」という灼熱の精神で日々進んでおります。熱風に転がされるように僕も原稿を書いてまいりましたが、チームで築き 上げたその熱を読者様にご支持頂けたこと、大変に嬉しく、感動しきりです。
ウォーやったぞ!
制作チームの皆様、読者の皆々様に深く御礼申し上げつつ、今後とも何卒『錆喰いビスコ』を 宜しくお願い申し上げ奉りまするーッ!」

記念イラスト/赤岸K

記念イラスト/赤岸K

■イラスト:赤岸Kさん

「このラノ文庫総合・新作部門のダブル受賞おめでとう ございます!
一目で引き込まれる世界観やタフで真っ直ぐなビスコ たちに毎回焚き付けられるように絵にも力がこもります。
こんなパワフルな作品に関わることができてとても光栄です。
これからも彼らの活躍が楽しみでなりません!」

 
■世界観イラスト:mochaさん

「お世話になっております。
『錆喰いビスコ』では世界観イラストを担当させていただいております。瘤久保さんのトレンドに 重きをおかない、ご自身の思い描いたまさに「ファンタジー」な世界が大好きです!
お話を読んでいて、これほど想像が膨らむ作品は稀です。ノベルだからこその想像し、創造していく楽しさを思い出しました。制作陣、読み手の方々に愛される作品であり続けてほしいです。
文庫部門総合・新作W受賞本当におめでとうございます!!」

 

『錆喰いビスコ』スペシャルTVCM 放送開始!

声優・大塚明夫さんのナレーションによる電撃文庫『錆喰いビスコ』TVCMが、11月24日より放送開始しました。

『錆喰いビスコ』TVCMイメージ

『錆喰いビスコ』TVCMイメージ

■大塚明夫さんプロフィール
1959年11月24日生まれ、東京都出身
マウスプロモーション所属
<代表作>
『メタルギア』シリーズのソリッド・スネーク役
『攻殻機動隊』シリーズ バトー役
『Fate/Zero』ライダー役
<吹き替え>
スティーヴン・セガール、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン など

 

今冬には『錆喰いビスコ』コミカライズ、シリーズ第3作刊行へ!

マンガアプリ「マンガUP!」(提供:スクウェア・エニックス)にて今冬、『錆喰いビスコ』のコミカライズされます。

■作画:高橋佑輔さん
■原作:瘤久保慎司さん
■キャラクターデザイン:赤岸Kさん
■世界観デザイン:mochaさん

 
また、シリーズ最新作『錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」』の刊行が決定。発売は2019年1月の予定です。

 

瘤久保慎司さん プロフィール

瘤久保慎司(こぶくぼ・しんじ)さんは、『錆喰いビスコ』で第24回電撃小説大賞《銀賞》を受賞し、2018年3月電撃文庫よりデビュー。

ゲーム会社勤務だったが、やっぱり一人で何か作りたくなって退社、小説を書き始める。趣味はインディーズゲーム・歌舞伎鑑賞・4コマまんが執筆。一人で何か美味しいものを食べに行くのも好き。

 

錆喰いビスコ (電撃文庫)
愛する人を救うため、滅びの錆を強弓が貫く 。疾風無頼の冒険譚!
第24回電撃小説大賞の中で“一番ぶっとんでいる”と評された、怒濤の≪銀賞≫受賞作!

すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる《錆び風》の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ《錆喰い》を求め旅をしていた。
美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構にできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線――。過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く! しかし、その先には邪悪な県知事の奸計が――。
愛する人を救うため、強弓が撃ち抜く冒険ファンタジー!

 
錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)

最強キノコ守りコンビ、宗教都市・島根でさ らに過激に大暴走!

《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
熱い絆で射貫く怒涛の冒険譚、再び!

 
【関連】
錆喰いビスコ | 第24回電撃小説大賞 受賞作特集サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です