本のページ

SINCE 1991

天野純希さん×西條奈加さん×澤田瞳子さん×蝉谷めぐ実さん×矢野隆さん〈ホラー小説集〉『歴屍(れきし)物語集成 畏怖』が刊行

天野純希さん・西條奈加さん・澤田瞳子さん・蝉谷めぐ実さん・矢野隆さんによるホラー小説集『歴屍(れきし)物語集成 畏怖』が中央公論新社より刊行されました。   5つの「畏怖」が、この国の歴史を塗り替える――。   【あらすじ】 歴史小説家たちが紡ぐ時代の違う五つの物語が、あるひとつの「怪異」で繋がる。読後に訪れるこの震えは、恐怖か、驚愕か――? 異端にして傑作の歴史小説集、ここに […]


中村真一郎さん『源氏物語の世界』が澤田瞳子さんの解説を加えて復刊!

新潮社は、作家・中村真一郎さん著『源氏物語の世界』を新潮選書より復刊しました。   宮廷ゴシップ、恋愛模様、権力闘争――ほの暗い御簾の陰に潜む人間ドラマと、失意と孤独を抱えた作者・紫式部その人の作意と内奥とは? 本書は1968年に新潮選書の一冊として刊行され、50年以上にわたり読み継がれてきた名著です。2024年のNHK大河ドラマとして、紫式部をヒロインとした『光る君へ』が放送されること […]


芦沢央さん・天祢涼さん・安藤祐介さん・逸木裕さん・斎藤千輪さん・坂井希久子さん・佐藤青南さん・澤田瞳子さん・額賀澪さん・谷津矢車さん合同サイン会を開催

八重洲ブックセンターは、京急百貨店上大岡店(横浜市港南区)で6月24日 (土) に作家10名による合同サイン会を開催します。参加作家は、芦沢央さん、天祢涼さん、安藤祐介さん、逸木裕さん、斎藤千輪さん、坂井希久子さん、佐藤青南さん、澤田瞳子さん、額賀澪さん、谷津矢車さんです。   「作家10名 合同サイン会」開催概要 ■日時:2023年6月24日 (土) 14:00開始(16:00終了予定 […]


直木賞作家・澤田瞳子さん作家デビュー後初のエッセイ集『天神さんが晴れなら』が刊行

『京都はんなり暮し』から15年ぶり、直木賞作家・澤田瞳子さんの作家デビュー後初のエッセイ集『天神さんが晴れなら』が徳間書店より刊行されました。   歴史、食、旅、芸術……直木賞作家が日常の風景を綴ったエッセイ集 小さな出来事が積み重なって月日は過ぎ、我々の日常は歴史になる。その一隅に今、私は短い尻尾を揺らして暮らしている――。 京都に生まれ育ち、今も暮らす。食を楽しみ、旅に心惹かれ、美術 […]


直木賞作家・澤田瞳子さん歴史長編『恋ふらむ鳥は』が刊行

壬申の乱から1350年、直木賞作家・澤田瞳子さんが万葉の歌人・額田王(ぬかたのおおきみ)の半生を描いた歴史小説『恋ふらむ鳥は』が毎日新聞出版より刊行されました。   見た。愛した。闘った。――すべては歌だけが知っている。   「誰かの娘、妻、そして母としてではなく、一人の人間として生きる――」 本書は、飛鳥の動乱を生き抜いた万葉の歌人、額田王(ぬかたのおおきみ)の激動の半生を描 […]


小笠原弘幸さん”日本初のハレム研究本”『ハレム 女官と宦官たちの世界』が重版

新潮社は、九州大学准教授・小笠原弘幸さんによる日本初のハレム研究本『ハレム 女官と宦官たちの世界』(新潮選書)が売れ行き好調のため、重版を決定しました。   朝日・読売・毎日・日経で書評、産経は著者インタビューを掲載など、全国紙5紙すべてで紹介された話題書『ハレム 女官と宦官たちの世界』 トルコで製作されたTVドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』が、全世界で8億人が視聴する大ヒ […]


直木賞作家・澤田瞳子さんトークイベント「京都やわたで紡ぐ創作の糸」が開催

第165回直木賞作家・澤田瞳子さんのトークイベント「松花堂文化サロン 京都やわたで紡ぐ創作の糸」が3月21日(月・祝)に八幡市立松花堂美術館(京都府八幡市)にて開催されます。   【オンライン&現地参加】第165回直木賞作家 澤田瞳子さんトークイベント「松花堂文化サロン 京都やわたで紡ぐ創作の糸」について 松花堂美術館は、江戸時代初期を代表する文化人であった松花堂昭乗ゆかりの美術館です。 […]


第165回直木賞受賞『星落ちて、なお』作者・澤田瞳子さんの特別対談講座を開催

NHK文化センターでは、第165回直木賞を受賞した『星落ちて、なお』の作者・澤田瞳子さんの特別対談講座「『星落ちて、なお』 ~創作への想い~」をオンライン&リアル(京都教室)で12月12日に開催します。 これまでの澤田作品に縁のある河鍋暁斎、伊藤若冲などの展覧会を企画、日本での再評価のきっかけを作ってきた狩野博幸さんが聞き手を務めます。   「『星落ちて、なお』 ~創作への想い~」開催概 […]


「司馬遼太郎氏没後25年記念シンポジウム」開催 「近江から見る『街道をゆく』のメッセージ」をテーマに安部龍太郎さん、澤田瞳子さん、今村翔吾さんがディスカッション

滋賀県では2021年10月30日(土)に、作家の司馬遼太郎さんの没後25年を記念した「司馬遼太郎氏没後25年記念シンポジウム」を開催します。 ※公式の表記では、司馬遼太郎氏の「遼」は二点しんにょうです。   司馬遼太郎さんゆかりの5名の講師・パネリストを迎えて 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールでシンポジウムを開催! 今なお根強い人気がある司馬遼太郎さんの紀行文集『街道をゆく』は、「近江からは […]


澤田瞳子さん直木賞受賞後第一作『輝山(きざん)』が刊行 「それぞれの場所で懸命に生きたすべての人のための物語です」

『星落ちて、なお』で第165回直木賞を受賞した澤田瞳子さんの受賞後第一作となる『輝山(きざん)』が、徳間書店より10月1日に刊行されました。   あの山は命の輝きを永遠に宿し続けるいのちの山──世界遺産・石見銀山を舞台にした歴史群像! <あらすじ> 代官・岩田鍬三郎の身辺を探るため、金吾は石見国大森銀山にやって来た。中間(ちゅうげん)として働き始めた金吾を待っていたのは銀山を支えるために […]