本のページ

SINCE 1991

【2023年度 野間賞】野間文芸賞は川上弘美さん、野間文芸新人賞に朝比奈秋さんと九段理江さん、野間出版文化賞に芦田愛菜さん&黒柳徹子さん&藤井聡太さんら

講談社は11月6日、第76回野間文芸賞、第45回野間文芸新人賞、第61回野間児童文芸賞、第5回野間出版文化賞の受賞者・受賞作品を発表しました。   2023年度「野間賞」各賞が決定! 各賞の受賞者・受賞作品は次の通りです。   第76回野間文芸賞 川上弘美(かわかみ・ひろみ)さん 『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』(講談社)   第45回野間文芸新人賞 […]


「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」から現代作家による古典新訳・新釈作品を文庫化!「河出文庫 古典新訳コレクション」が刊行開始

河出書房新社は、好評を博した「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」から現代作家による古典新訳・新釈作品を文庫化し、「河出文庫 古典新訳コレクション」として2023年10月より刊行開始しました。   最高の翻訳で名作を楽しむ!「河出文庫 古典新訳コレクション」有名作品&豪華訳者陣のラインナップで、2023年10月6日刊行開始! 累計50万部を突破した「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」(全3 […]


【第59回谷崎潤一郎賞】津村記久子さん『水車小屋のネネ』が受賞

中央公論新社は8月21日、第59回谷崎潤一郎賞の受賞作を発表しました。   第59回谷崎潤一郎賞が決定! 第59回(令和5年)谷崎潤一郎賞の選考会が8月21日に行われ、池澤夏樹さん、川上弘美さん、桐野夏生さん、筒井康隆さん、堀江敏幸さんの選考委員5名による審査の結果、次の通り受賞作が決定しました。   <第59回谷崎潤一郎賞 受賞作品> 津村記久子(つむら・きくこ)さん 『水車 […]


“ユーミン”デビュー50周年記念!小池真理子さん×桐野夏生さん×江國香織さん×綿矢りささん×柚木麻子さん×川上弘美さんアンソロジー『Yuming Tribute Stories』刊行!

小池真理子さん、桐野夏生さん、江國香織さん、綿矢りささん、柚木麻子さん、川上弘美さんという、名実ともに第一線で活躍する女性作家6人が、不世出のシンガーソングライター、ユーミン(松任谷由実さん)の名作タイトルから発想を得て書き下ろした中短篇のアンソロジー『Yuming Tribute Stories』が、6月27日に新潮文庫オリジナルとして刊行されます。   松任谷由実さんのデビュー50周 […]


99歳で急逝した瀬戸内寂聴さんの集大成となる『瀬戸内寂聴全集』第二期(全5巻)が刊行

新潮社は、99歳で急逝した瀬戸内寂聴さんの集大成となる『瀬戸内寂聴全集』[第二期](全5巻)の刊行をスタートしました。   「自分の作品の全集が刊行されることは、夢のまた夢で、生涯の憧れの頂点」と、著者が最期まで刊行をたのしみに待っていた全集が刊行 35歳で文壇デビュー、51歳で出家得度、75歳で『源氏物語』の現代語訳を完成、そして百寿で大往生を遂げた瀬戸内寂聴さん。彼女にとって、生きる […]


村上春樹ライブラリー(早稲田大学国際文学館)が開館! 村上春樹さん、小川洋子さん、村治佳織さん、川上弘美さん、ロバート・キャンベルさん、伊藤比呂美さん、村田沙耶香さん、朝井リョウさんらによる朗読イベントも開催

早稲田大学は、作家・村上春樹さんの厚意により、同大学に貴重な資料の寄託・寄贈が決定したのを契機に、早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)を設立しました。2021年10月1日(金)に開館します。   物語を拓こう、心を語ろう ~Explore Your Story, Speak Your Heart~ 早稲田大学国際文学館では、「村上春樹文学」研究とともに、「国際文学」「翻訳文 […]


『小説TRIPPER(トリッパー)』秋季号は、李琴峰さん芥川賞受賞第一作「生を祝う」、江國香織さん初の中編を一挙掲載! 松井玲奈さん連載エッセイ「私のもしも図鑑」もスタート!

李琴峰さんの芥川賞受賞第一作「生を祝う」236枚が、9月17日発売の『小説TRIPPER(トリッパー)』秋季号(朝日新聞出版)に一挙掲載されます。子どもを産むためには、受胎した子からの同意が必要となる世界を舞台にした衝撃作です。   李琴峰さん、江國香織さん、朝比奈秋さんが登場! 松井玲奈さんの連載エッセイもスタート 李琴峰さんの「生を祝う」(236枚)は、子どもを産むためには、受胎した […]


松井玲奈さん新作が『小説TRIPPER』夏季号に掲載! 篠田節子さん創作、川上弘美さん連作、佐々木敦さん「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』論」、斎藤美奈子さん×鴻巣友季子さん、高山羽根子さん×小川哲さんの対談も

俳優業に留まらず、小説やエッセイの執筆でも活躍を続ける松井玲奈さんの新作短編「家族のかたち」が、2021年6月17日発売の『小説TRIPPER(トリッパー)』夏季号に掲載されます。 デビュー作『カモフラージュ』は「食」にまつわる短編集、二作目『累々』は「恋愛の裏側」に迫る連作短編と、作品ごとに新たな試みに挑戦する松井さんですが、今回の新作では、誰しもが当たり前だと思っていた「家族」について問いかけ […]


芥川賞作家・川上弘美さん初期の文学作品『溺レる』『龍宮』『真鶴』&書評集『大好きな本』が電子書籍化

文藝春秋は、川上弘美さん著『溺レる』『龍宮』『真鶴』『川上弘美書評集 大好きな本』の4作品を電子化し、配信を開始しました。   これまで同社で刊行された川上さんの作品では、芥川賞受賞作『蛇を踏む』が電子化されており、今年5月に読売文学賞受賞作『水声』が、そして今回、初期の文学作品3作と書評集が電子化されることになり、川上さん作品の電子化が進んでいます。   『溺レる』 もう帰れ […]