本のページ

SINCE 1991

TikTokで人気爆発!神田澪さん短編小説集『最後は会ってさよならをしよう』直近3カ月で約2万部の大重版!

KADOKAWAは、神田澪さん著『最後は会ってさよならをしよう』の販売好調を受けて、2023年10月からの3カ月で17,500部の重版(8~12刷)を決定しました。   140字の無限の世界――何度も読み返したくなるスーパーショート小説集 2021年1月に刊行された本書は、発売から8カ月で7刷を達成した人気短編小説集。掲載作品「別れ代行サービス」は、2021年3月にドラマ化(読売テレビ) […]


木内昇さん『かたばみ』が山中由貴さん主催「第10回山中賞」を受賞!

高知市の「TSUTAYA中万々(なかまま)店」の書店員であり、フリーペーパー「なかましんぶん」の編集長を務める山中由貴さんが、芥川・直木賞の発表に合わせて半年に一度、お客様に「どうしても読んで欲しい」と思った本の中(翻訳書も含め、ジャンルは問わず)から独自に選出する「第10回山中賞」を、直木賞作家・木内昇さんの『かたばみ』(KADOKAWA)が受賞しました。 受賞作の『かたばみ』は昨年8月に刊行さ […]


角川文庫75周年記念文庫書き下ろし第1弾!伊岡瞬さん『残像』が刊行

KADOKAWAは、角川文庫75周年を記念した文庫書き下ろし第1弾として、伊岡瞬さんの最新小説『残像』を角川文庫より刊行しました。   暗い過去への復讐を描いた、心をえぐる衝撃サスペンス! 謎めいた女性たちの策略に巻き込まれていく浪人生・堀部一平と、過去の罪に関わる写真が何度も送りつけられてくる政治家の息子・吉井恭一。 ――二人の物語はどのように絡み合っていくのか。先の読めない展開に手に […]


ろう者が生きる世界って想像できますか?『ぼくは耳が聞こえない それでも妻と一緒に住んだら人生幸せになった話』が刊行

YouTube登録者数17万人超え、ろう者の日常を動画で紹介するYouTuber「みゆみゆチャンネル」の初著書『ぼくは耳が聞こえない それでも妻と一緒に住んだら人生幸せになった話』がKADOKAWAより刊行されました。   耳の聞こえないろう者のありのままの姿が人気の「みゆみゆチャンネル」初の著書『ぼくは耳が聞こえない それでも妻と一緒に住んだら人生幸せになった話』 著者のみゆみゆチャン […]


彼氏や夫はいつ「父」になるのか? 写真家・矢野拓実さん育児エッセイ『君と出会って僕は父になる』が刊行

写真家・矢野拓実さんが男性目線で家族の在り方を考える〈育児エッセイ〉『君と出会って僕は父になる』が逆旅出版より刊行されました。   多様性が重視され、絶対的な正解のない時代――圧倒的な透明感で「人」を撮り続けた写真家が「父」の在り方を紐解く 家族のために働いていたら、妻の心が離れていった。 仕事人の彼らはそう言う。確かに、キッチンには基本母がいて、父はあまり家にいないイメージだった。絶対 […]


家族に挫折したら、どうすればいいんですか? 木内昇さん『かたばみ』が刊行

直木賞作家・木内昇さんが描く、笑いと涙の家族小説『かたばみ』がKADOKAWAより刊行されました。   血の繋がらない親子を描く、笑いと涙のホームドラマ『かたばみ』 物語は、まだ女性の生き方がままならない戦中から始まります。その後、よんどころない事情で家族となった、血の繋がらない親子が向き合い、お互いを信頼し、戦後の混乱の中を生きていきます。   女性の生き方、家族のあり方、人 […]


直木賞作家・西條奈加さん『隠居すごろく』の続編『隠居おてだま』が刊行

直木賞作家・西條奈加さんの最新小説『隠居おてだま』がKADOKAWAより刊行されました。本書は、計画通りにはいかない「第二の人生」の悲喜こもごもを描いたヒット作『隠居すごろく』の続編です。   シリーズ累計10万部、笑いあり涙ありの人情時代小説   【あらすじ】 優雅な余生を送るはずの隠居家は、今日も子供たちで大にぎわい。 老舗糸問屋・嶋屋元当主の徳兵衛は、還暦を機に隠居暮らし […]


吉田潮さんが「毒親」ならぬ「毒きょうだい」問題に切り込む『ふがいないきょうだいに困ってる』が刊行

吉田潮さんが、「毒親」ならぬ「毒きょうだい」、そして毒未満の「リスクのあるきょうだい」問題に切り込む『ふがいないきょうだいに困ってる』が光文社より刊行されました。   ”家族”だから”きょうだい”だから…私がなんとかしないといけないの? ◎親の老後の相談ができないきょうだい ◎経済的な危機感がないきょうだい ◎生活が自立していないきょうだい ◎トラブルを持ち込むきょうだい etc. &n […]


Web人気マンガ「名もなき家事妖怪」書籍化決定!12話までを無料公開

「夫が家事してくれない…」「もっと働きたいけど罪悪感が…」「もっとラクに掃除も洗濯するには…」そんな女性たちの悩みを解決する術を物語で紹介する、カワグチマサミさんのコミックエッセイ『名もなき家事妖怪』(企画原案:矢野貴寿さん/制作協力:大和ハウス工業株式会社)が幻冬舎より2月8日に刊行されます。   笑えて泣けて、ためになる!「家事シェア」ができれば家族はもっと仲良くなれる! Web公開 […]


柚月裕子さん『教誨』が発売即重版!

小学館より11月下旬に刊行された、女性死刑囚の心に迫る柚月裕子さんの長編小説『教誨』が発売即重版となりました。   ベストセラー『孤狼の血』『慈雨』『盤上の向日葵』に連なる一年ぶりの長編! 「悲しい物語ではあるけれど、罪と罰の真髄を見た気がして心が震えた」――黒木瞳さん(俳優)   【あらすじ】 吉沢香純と母の静江は、遠縁の死刑囚三原響子から身元引受人に指名され、刑の執行後に東 […]