本のページ

SINCE 1991

第48回JX-ENEOS童話賞、今年も募集します!

第48回JX-ENEOS童話賞、今年も募集します!

第48回JX-ENEOS童話賞、今年も募集します!

JXホールディングス株式会社は、「JX-ENEOS童話賞」の名称で毎年、「心のふれあい」をテーマに、広く一般の方々からオリジナルの創作童話作品を一般・中学生・小学生以下の3部門で募集し、優秀作品を選出していますが、今年も3月1日より公募しています。

 
1970年から続く本童話賞は、今回で48回目を迎えます。毎年国内外から多数の作品が寄せられ、その数は、昨年11,047編、これまでの累計では342,982編にのぼります。

 
JX-ENEOS童話賞はJXホールディングスの前身となる共同石油が1970年に創設した「共石創作童話賞」が前身。合併に伴い、1994年に「JOMO童話賞」、2010年7月に「JX童話賞」と名称が変更され、2013年3月から現在の名称となっています。

 
各部門の最優秀賞や優秀賞作品をまとめた童話集「童話の花束」は、ENEOSのサービスステーションを運営する特約店やLPガス特約店、JXグループ各社にチャリティー販売され、すべての売上金が社会福祉法人全国社会福祉協議会への寄付を通して、児童福祉施設などで暮らす子どもたちが大学や専門学校へ進学する際の入学支度金の一部として活用されています。

 
【第48回JX-ENEOS童話賞 募集概要】

●主催:JXホールディングス株式会社(運営:JXエネルギー株式会社)

●後 援:全国連合小学校長会/全日本中学校長会/全国市町村教育委員会連合会/全国小学校国語教育研究会/全日本中学校国語教育研究協議会

●募集作品:
 (1)「心のふれあい」をテーマとした創作童話。作品は未発表の完全にオリジナルな作品に限ります。
 (2)必ずタテ書きで応募すること。市販の400字原稿用紙または、ワープロ原稿(20字×20行)5枚以内(表紙を除く)。

●応募資格:アマチュアに限ります。合作、共作などは応募できません。

●応募区分と賞:
 (1)応募区分 一般の部/中学生の部/小学生以下の部の3部門
 (2)賞 
   <一般の部>
   最優秀賞 1編 賞状、賞金100万円、記念品
   優秀賞  2編 賞状、賞金30万円、記念品
   佳作   5編 賞状、賞金10万円、記念品
   奨励賞  5編 賞状

   <中学生の部>
   最優秀賞 1編 賞状、図書カード10万円分、記念品
   優秀賞  2編 賞状、図書カード5万円分、記念品
   佳作   2編 賞状、図書カード3万円分、記念品
   奨励賞  5編 賞状

   <小学生以下の部>
   最優秀賞 1編 賞状、図書カード10万円分、記念品
   優秀賞  2編 賞状、図書カード5万円分、記念品
   佳作   2編 賞状、図書カード3万円分、記念品
   奨励賞  5編 賞状

   ※未成年者が入選された際の賞金受領については、保護者の同意書が必要となります。

●締め切り:2017年5月31日(水)(郵送は当日消印有効)

●発表:2017年10月中旬予定
  最優秀賞・優秀賞・佳作および奨励賞を受賞された方々については、郵便による通知とホームページ上にて発表。

●選考委員:
   西本鶏介さん(児童文学者)、立原えりかさん(童話作家)さん、角野栄子さん(童話作家)、中井貴惠さん(女優・エッセイスト)、宮西達也さん(絵本作家)さん、薫くみこさん(児童文学作家)、JX-ENEOS童話賞選考委員会

※詳細は、http://www.jx-group.co.jp/hanataba/awards/48/entry/ をご覧ください。

 
【結果発表!】※2017.10.21追記
【第48回JXTG童話賞】最優秀賞に小林弘尚さん、小梛清香さん、小川桃葉さん | 本のページ

 
【関連】
童話の花束
1970年から続く童話賞を今年も開催! 第48回JX-ENEOS童話賞作品募集 | JXホールディングス
JX-ENEOS童話賞 選考委員紹介
童話賞の3つの願い
昨年(第47回)の作品応募状況とJX-ENEOS童話賞のあゆみ
昨年(第47回)の受賞作品

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です