本のページ

SINCE 1991

「怪談えほんコンテス」大賞作品が決定! 宮部みゆきさん、京極夏彦さん、東雅夫さんが絶賛

「怪談えほんコンテス」大賞作品が決定!

「怪談えほんコンテス」大賞作品が決定!

岩崎書店が「怪談えほん」シリーズの〈未刊の1作品〉の文章を公募した企画「怪談えほんコンテスト」の大賞作品が決定しました。

 

怪談えほんの文章を募集する「怪談えほんコンテスト」大賞作品が決定!

怖い絵本ブームの火付け役として、異例の反響を得た「怪談えほん」シリーズ。その文章公募企画「怪談えほんコンテスト」の最終選考会が、2018年9月27日に開催され、次のとおり大賞作品が決定しました。

 
■「怪談えほんコンテスト」大賞
となりそうしち さん
「こっちをみてる。」

 
審査員の宮部みゆきさん、京極夏彦さん、東雅夫さんが、「演出しがいがある」と絶賛。プロの画家による絵をつけて、「怪談えほん」の1冊として2020年に出版される予定です。

審査員の宮部みゆきさん、京極夏彦さん、東雅夫さん

審査員の宮部みゆきさん、京極夏彦さん、東雅夫さん

 

怪談えほんコンテストとは

怖い絵本ブームの火付け役として、異例の大きな反響を得た「怪談えほん」シリーズ。〈第1期〉と〈第2期〉で計10作品を刊行するところ、諸般の事情で1作品が欠けてしまいました。

この「未刊の1作品」を期待する声が、読者のみならず、書き手からも続々寄せられたことから、新たな書き手を迎えて生み出そうという企画が「怪談えほんコンテスト」です。

怪談えほんシリーズ

怪談えほんシリーズ

「年齢、プロ・アマは不問。
怪談を書いたことのある方、絵本の文章を書いたことのある方はもちろん、一度も本や絵本を作ったことがない方のご応募も歓迎。
応募いただくのは、子どもたちを本気で震え上がらせるような怖いお話。
絵本という媒体で表現されるにふさわしい怪談、不思議な話であれば、創作、実話、昔話からのインスパイアでも、怖さで心が動くものであればなんでもあり!」

という方針で募集したところ、3011作品が寄せられました。
一次選考、二次選考、三次選考を経て、絞り込まれた選りすぐりの20作品を対象に、最終選考会が行われ、大賞が決定しました。

 

「怪談えほんコンテスト」 概要

「怪談えほん」シリーズの〈未刊の1作品〉の文章を公募した企画。
大賞作品は、プロの画家による絵をつけて、「怪談えほん」の1冊として、岩崎書店より出版。

 
■主催:株式会社岩崎書店
■運営:岩崎書店内怪談えほんコンテスト事務局

■応募資格:年齢、プロ・アマ不問

■募集期間:2017年12月1日~2018年6月30日

■賞金:20万円

■審査員:宮部みゆきさん、京極夏彦さん、東雅夫さん

★公式HP:https://www.iwasakishoten.co.jp/special/kaidan/2018/

 
【関連】
怪談えほん |「怪談えほん」コンテスト 作品募集

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です