本のページ

SINCE 1991

歴史大河小説『チンギス紀』刊行記念!北方謙三さんと橘ケンチ(EXILE)さんがトークライブイベントを開催

『チンギス紀』刊行記念!北方謙三さんと橘ケンチ(EXILE)さんがトークライブイベントを開催 ▲撮影/長濱治さん

『チンギス紀』刊行記念!北方謙三さんと橘ケンチ(EXILE)さんがトークライブイベントを開催 ▲撮影/長濱治さん

歴史大河小説『チンギス紀』の刊行を記念して、集英社は、LDH JAPAN、朝日新聞社と協力し、著者の北方謙三さんと、EXILE/EXILE THE SECONDで活躍する橘ケンチさんとのトークライブイベントを、2018年8月20日(月)19時から、東京・丸ビルホールにて開催します。

 

集英社×LDH×朝日新聞社共同イベント 北方謙三さん×橘ケンチさん トークライブイベントが7/16~来場者を募集!

『チンギス紀』は、モンゴル帝国の礎を築いたチンギス・カンの生涯を描く歴史大河小説です。現地取材に裏打ちされた広大な世界観のなかで、のちのチンギス・カンとなるテムジン少年の姿が活写されています。

 
北方謙三さんは1981年『弔鐘はるかなり』でデビュー以来、「三国志」「大水滸伝」シリーズなど歴史小説やハードボイルド小説で第一線で活躍。音楽にも造詣が深く、サイン会やトークイベントでも人気が高い作家です。

橘ケンチさんはアーティスト活動の傍ら、ブログ「たちばな書店」で自身が読んだ本について定期的に紹介している読書家でもあり、2017年には自身の連載をまとめた著書『REMEMBER SCREEN』も出版しています。

来場者募集は、2018年7月16日(月・祝)から朝日新聞紙面やチンギス紀公式サイトほかにて告知されます。

 

北方謙三さん×橘ケンチさん トークライブイベント 開催概要

■開催名称:チンギス紀刊行記念トークライブ「北方謙三×橘ケンチ 音楽と文学の地平線」

■開催日:2018年8月20日(月)19時開演~21時終了(開場時間18時)

■会場:丸ビルホール 〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7・8階

■入場無料

■応募方法:来場希望者はチンギス紀公式サイトからリンクする朝日新聞社フォームより応募してください。応募者多数の場合は抽選のうえ300名を招待

■応募受付:7月16日(月・祝)から開始予定・情報は下記サイトにUP予定

★チンギス紀公式サイト:https://www.shueisha.co.jp/kitakata/chingisuki/

■主催:株式会社集英社

■協力:株式会社朝日新聞社メディアビジネス局、株式会社LDH JAPAN

 

出演者プロフィール

■北方謙三さん

1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学法学部卒業。

1981年のデビュー作『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、1983年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、1985年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。1988年から歴史小説にも挑み、1991(平成3)年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。2007年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。2010年、日本ミステリー文学大賞受賞。2011年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。

2016年、『水滸伝』『楊令伝』に続く『岳飛伝』全17巻を完結し「大水滸伝シリーズ」全51巻が完成。2018年5月、新たな歴史大河小説『チンギス紀』の刊行を開始した。

 
■橘ケンチさん

2007年に新生JSoulBrothersのメンバーに抜擢、2008年にはEXILE初のドームツアー「EXILEPERFECTLIVE2008」やJSoulBrothers全国武者修行ツアーなどに出演。2009年にEXILEにパフォーマーとして加入、SoulBrothersとしてメジャーデビューアルバム『JSoulBrothers』でメジャーデビュー。

2012年からEXILEと並行してTHESECONDfromEXILEのパフォーマーとして活動。2016年5月にEXILE THE SECONDに改名。

2017年には舞台「幽劇」で主演、日本テレビ系ドラマ『HiGH&LOW-Season2』、映画、TVCMなどで幅広く活動する傍ら、趣味である読書についてもブログ「たちばな書店」で発信し続けており、2017年9月から雑誌『DiscoverJAPAN』にてコラム「橘ケンチの今宵のSAKE」を連載中。

 

チンギス紀 一 火眼
ユーラシア大陸に拡がる人類史上最大の帝国、その礎を築いたチンギス・カン。
波乱に満ちたその生涯と、彼と出会った様々な英雄たちの生きざまを描く、新たな歴史大長編、ついに開幕!

12世紀、テムジン(のちのチンギス・カン)は、草原に暮らすモンゴル族のキャト氏に生まれた。10歳のとき、モンゴル族を束ねるはずだった父イェスゲイが、タタル族に殺害されてしまう。テムジンのキャト氏は衰退し、同じモンゴル族のタイチウト氏のタルグダイとトドエン・ギルテが台頭、テムジンたちに敵対し始める。危機的な状況のもとで、テムジンは、ある事情から異母弟ベクテルを討ったのち、独りいったん南へと向かった……。
草原の遊牧民として生まれ、のちに世界を震撼させることになる男は、はじめに何を見たのか?
人類史を一変させた男の激動の生涯、そこに関わった人間たちの物語を描く新シリーズ、待望の第一巻。

 
【関連】
北方謙三[チンギス紀]

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です