本のページ

SINCE 1991

楽天と大阪市が電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する協定を締結 公共図書館では13例目

楽天株式会社と大阪市教育委員会は、楽天グループが展開する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する協定を締結しました。

これに伴い、大阪市は「Rakuten OverDrive」電子図書館サービスを、2018年7月2日から2020年5月31日まで、試験的に導入します。なお、国内市町村における公共図書館では、13例目となります。

 

ICTを活用した読書習慣の醸成・普及と英語学習に資することを目的に、7月2日より大阪市で試験的に導入

本導入により、大阪市の図書館カードをお持ちの方は、各市立図書館(西区の中央図書館、および西区以外の各区の地域図書館、計24館)の窓口で「Rakuten OverDrive」専用のIDとパスワードを受け取ることにより、手持ちのタブレットやスマートフォン、パソコンから、時間や場所を問わず「Rakuten OverDrive」の電子図書コンテンツが借りられるようになります。

 
「Rakuten OverDrive」は160万点以上の海外コンテンツを取り揃えており、豊富な外国語のコンテンツを特長としています。

大阪市は今回の「Rakuten OverDrive」導入の目的を、ICTを活用した読書習慣の醸成・普及と、英語学習に資することと位置づけており、音声読み上げ機能「Read-Along(リード・アロング)」が付いている約150点の図書を含む、英語の絵本や児童書約400点の電子図書を導入します。

「Rakuten OverDrive」で提供する音声読み上げ機能付きの図書は、出版社がキャスティングしたプロのナレーターの録音によるもので、読まれている箇所にハイライトが付くため、ネイティブの英語を耳で聴きながら読書ができ、英語学習に大いに役立てることができます。

図書数は、市民のニーズを見ながら、試験的導入期間中に2,000点程度まで増やされる予定です。また、サービス開始に伴い、楽天と大阪市では、7月22日に「Rakuten OverDrive」の使い方が体験できる市民向けの入門講座を実施します。

 

「Rakuten OverDrive」について

楽天グループのOverDrive社(本社:米国)は、世界70カ国で40,000館以上の公共図書館・学校図書館に電子図書館サービスを提供しています。

OverDrive社の電子図書館システムは米国の90%以上の公共図書館に導入されています。取り扱いコンテンツは100言語以上、300万点を超え、そのうち日本の電子図書館では、株式会社メディアドゥとの提携のもと、和書を含むコンテンツ160万点以上を提供しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です