本のページ

SINCE 1991

『POPEYE』ニューヨーク特集は伊丹十三さん著『ヨーロッパ退屈日記』をオマージュ 人生は退屈な日々の連続だ。 だから時々、ニューヨークにでも行きたくなるのか?

『POPEYE』ニューヨーク特集は伊丹十三さん著『ヨーロッパ退屈日記』をオマージュ

『POPEYE』ニューヨーク特集は伊丹十三さん著『ヨーロッパ退屈日記』をオマージュ

マガジンハウスが発行する雑誌『POPEYE(ポパイ)』5月号は、2018年4月9日に「ニューヨーク退屈日記。」特集を発売しました。

 

蓮沼執太さん、近藤聡乃さん、佐久間裕美子さんほか、現地からの寄稿も含め27本のエッセイを収録

約3年半ぶりのニューヨークの特集は、若かりし頃の伊丹十三さんが1960年代にヨーロッパ諸国で実見して知ったことを誠心誠意書いたエッセイ集『ヨーロッパ退屈日記』に倣い、2018年のニューヨークを『POPEYE』編集部が歩き、見て知った事実をまとめた「読むガイド」です。

ブルックリンのギャラリーで個展のための制作をしていた音楽家・蓮沼執太さん、漫画『ニューヨークで考え中』の著者・近藤聡乃さん、『ヒップな生活革命』の著者・佐久間裕美子さんほか、現地からのエッセイも収録。

ニューヨークの郷土料理やハンバーガーなどの食はもちろん、クイーンズやハーレムにも足を延ばし、ニューヨークのあれこれを深く考えてみた特集です。

特集タイトルの基となった著書『ヨーロッパ退屈日記』をきっかけに、映画監督、俳優、料理人、雑誌編集長……と肩書にとらわれず、常に本当のことを伝えようとした伊丹十三さんのバイオグラフィーを振り返る「ぼくのおじさん 伊丹十三」企画も収録。

 

「ニューヨーク退屈日記。」収録エッセイ

#01 着いたらまず、『ニューヨーカー』を買う。

#02 トラッドの朝は早い。

#03 ティファニーで朝食を、映画の舞台で昼食を。

#04 久しぶりにトム・ブラウンに会う。

#05 ニューヨークのタワー、どこから見るか。 

#06 天井から何か吊り下がっている店。

#07 この街の“レジェンド”に会いに。

#08 極私的、ニューヨークアート回遊。

#09 ニューヨークに郷土料理はあるのか。

#10 J・Jに教えたかった、ブルックリンの書店。

#11 オールドスクール・ニューヨークを探して。

#12 小さな出版社、J&L Booksを訪ねて。

#13 スケーターとネオンサイン。

#14 ジューイッシュ街を歩く。

#15 ハーレムの伝説をのぞきに行ってみた。

#16 NYFWとインフルエンサー狂想曲。

#17 クラシックVSモダン。ハンバーガーも小さくなっているのか。

#18 NYっ子に聞いた、この街とチップのこと。

#19 モデカイの行きつけを一緒に回る。

#20 鈴木大器さんのニューヨーク案内 from「D.S.N.Y」。

#21 この街のもうひとつのローカル、クイーンズへ。

#22 バスで見つけた、都会の中の田舎。

#23 お土産を買うのは、楽しくて時間がかかる。

#24 ドアマン・イン・アッパーイーストサイド。

#25 ニューヨーカーのマナーを教えよう。

#26 “ジェントリフィケーション”って何だ?

#27 ナイン・ナイツ・ストーリーズ。

 

「ぼくのおじさん 伊丹十三」にてインタビューされた方々

松家仁之さん(作家、編集者)

荒内佑さん(cero)

大根仁さん(映像ディレクター、映画監督)

周防正行さん(映画監督)

 

POPEYE(ポパイ) 2018年 5月号 [ニューヨーク退屈日記。]
シティボーイの先輩といえば、伊丹十三。
その十三先輩が、1960年代、ヨーロッパ滞在中に残した名エッセイが『ヨーロッパ退屈日記』。
あれから半世紀が過ぎ、自由の地、ニューヨークの街を舞台に、僕らもいろいろ考えてみました。

 
【関連】
ニューヨーク退屈日記。― POPEYE (ポパイ) ― シティボーイのためのファッション&カルチャー誌 | マガジンハウス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です