本のページ

SINCE 1991

「RANPOの乱」乱歩賞受賞作家・呉勝浩さんと下村敦史さんが新刊で人気投票を開催!

「RANPOの乱」乱歩賞受賞作家・呉勝浩さんと下村敦史さんが新刊で人気投票を開催!

「RANPOの乱」乱歩賞受賞作家・呉勝浩さんと下村敦史さんが新刊で人気投票を開催!

ミステリー界の最高峰の賞――江戸川乱歩賞。
その受賞者であり、今注目の若手作家である呉勝浩さんと下村敦史さんが、「RANPOの乱」と銘打って、お互いの新刊でガチバトルを展開します。

 

乱歩賞受賞作家の呉勝浩さんと下村敦史さんが新刊でガチバトル!あなたの1票が勝敗を決める!

講談社BOOK倶楽部「今日のおすすめ」では、1月16日に講談社文庫より刊行された呉勝浩さんの“贖罪”の白いミステリー(『ロスト』)と、下村敦史さんの“裏切り”の黒いミステリー(『叛徒』)で“前代未聞”の新刊人気投票を行います。

「こちらの方を読んでみたい」でも、「こっちの方が面白かった」でもOK!
特設サイトからTwitterで投票すると、抽選で10名に両著者による直筆サイン本がセットでプレゼントされます。

期限は2018年5月14日(月)まで。

★「RANPOの乱」特設ページ:http://news.kodansha.co.jp/5524

 

“贖罪”の白いミステリー 『ロスト』

ロスト (講談社文庫)

無断欠勤が続く村瀬梓が勤めるコールセンターに掛かってきた営利誘拐の犯行電話。身代金の要求額は1億円、輸送役は100人の警官。なぜ、家族ではなく、会社に。なぜ、100人も必要なのか。警察と“関係者”たちは、ピュワイトを名乗る犯人に翻弄されていく――。罪に期限はあるのか。圧倒的筆致の“誘拐”ミステリー。

■著者:呉勝浩(ご・かつひろ)さん
1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。受賞後第1作『ロスト』が第19回大藪春彦賞の候補となり注目を集める。その他の作品に『蜃気楼の犬』『白い衝動』『ライオン・ブルー』がある。

 

“裏切り”の黒いミステリー 『叛徒』

叛徒 (講談社文庫)

通訳捜査官の七崎隆一は、正義感から同職の義父の不正を告発、自殺に追い込んだことで、職場でも家庭でも居場所がない。歌舞伎町での殺人事件の捜査直後、息子の部屋で血まみれの衣服を発見した七崎は、息子が犯人である可能性に戦慄し、孤独な捜査を始めるが……。“正義”のあり方を問う渾身の警察ミステリー。

■著者:下村敦史(しもむら・あつし)さん
1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。同作は「週刊文春ミステリーベスト10 2014年」国内部門2位、「このミステリーがすごい!2015年版」国内編3位と高い評価を受ける。
同年に発表した短編「死は朝、羽ばたく」が第68回日本推理作家協会賞短編部門候補に、『生還者』が第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門の候補となった。
他の作品に『難民調査官』『サイレント・マイノリティ 難民調査官』の「難民調査官」シリーズ、『真実の檻』『失踪者』『告白の余白』『緑の窓口 樹木トラブル解決します』『サハラの薔薇』がある。

 
【関連】
乱歩賞受賞作家2人がガチバトル!「RANPOの乱」|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です