本のページ

SINCE 1991

村上龍さんの『おじいさんは山へ金儲けに』電子書籍版が高品質音声合成エンジンAITalk(R)を採用

村上龍さんの『おじいさんは山へ金儲けに』電子書籍版が高品質音声合成エンジンAITalk(R)を採用

村上龍さんの『おじいさんは山へ金儲けに』電子書籍版が高品質音声合成エンジンAITalk(R)を採用

村上龍さんの作品の電子書籍を発行する村上龍電子本製作所が2017年12月15日にダウンロード販売を開始した『おじいさんは山へ金儲けに』の電子書籍版に、株式会社エーアイが開発・提供する高品質音声合成エンジンAITalk(R)が採用されています。

 

『おじいさんは山へ金儲けに』へのAITalk採用について

村上龍さん著『おじいさんは山へ金儲けに』は、「投資」の概念と、その基本知識を提供することを目的として作られた作品です。

今回新たにリリースとなった電子版は、代表的な「日本の昔話」をベースに、村上龍さんが「投資」を考えるためにユーモアたっぷりにアレンジした寓話・全11話と、そのすべてに朗読音声を加えた特別版となっています。イラストレーター、また絵本作家として活躍中の、はまのゆかさんによる多数のユニークなイラストも魅力となっている作品です。

作品内の朗読音声には、エーアイの音声読み上げソフト「AITalk声の職人 パッケージ版」による音声が採用されています。声の職人は文字情報を機械的に文字情報を音声化し、話速や音量、イントネーションなどの調整もできるため、今作の制作の理想にあった「機械音の印象があり、かつ聴きやすい音声」を実現しています。

『おじいさんは山へ金儲けに』のAITalk導入については、「お客様事例サイト」(https://www.ai-j.jp/client/voice30/)で詳しく紹介されています。

 

『おじいさんは山へ金儲けに』作品紹介

タイトル:『おじいさんは山へ金儲けに』
著者:村上龍さん
絵:はまのゆかさん
発行者:村上龍電子本製作所
ストア:iBooks Store
リリース日:2017年12月15日
価格:580円(税込)

★iBooks Store『おじいさんは山へ金儲けに』:https://itunes.apple.com/jp/book/id1304810319
★村上龍電子本製作所:http://ryumurakami.com/

 

音声合成AITalk(R)とは

AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。

 
■3つの特徴
(1)豊富な話者と言語
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。言語の種類は36種類以上の豊富な音声ラインナップ。

(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。

(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。

★株式会社エーアイURL:http://www.ai-j.jp

 

■こちらは紙媒体です
おじいさんは山へ金儲けに―時として、投資は希望を生む (幻冬舎文庫)
村上龍初の投資絵本。ベストセラー『あの金で何が買えたか』のイラストレーターはまのゆかと三和総研の山崎元、東京三菱証券の北野一と共に投資の心得をわかりやすい寓話形式でまとめている。

日本の伝統的な昔話11篇を、村上がパロディーに仕立て上げ、それぞれの昔話の最後に解説が付くという形式。題材として取り上げられている昔話は、「カチカチ山」「桃太郎」「浦島太郎」「一寸法師」「さるかに合戦」「わらしべ長者」「花咲かじいさん」「舌切りすずめ」「鶴の恩返し」「かぐや姫」「笠地蔵」など。「桃太郎」では、将来価値と現在価値を比較することの重要性について、「わらしべ長者」ではハイリスク・ハイリターンの真実について、「舌切りすずめ」ではポートフォリオの考え方についてそれぞれ語られている。

 
【関連】
話者の独特のニュアンスが作品に合っていたことや、速度や抑揚などを1字ずつ細かく調整できる操作性などから、今回導入を決めました。 株式会社AI(エーアイ)
村上龍のおじいさんは山へ金儲けにを iBooks で
村上龍電子本製作所
音声合成ソフト、読み上げ、人工・電子音声なら【株式会社 エーアイ(AI)】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です