本のページ

SINCE 1991

「東京」の新たなヒストリーを3つのコンセプトで読み解く!『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻が刊行開始

「東京」の新たなヒストリーを3つのコンセプトで読み解く!『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻が刊行開始 ▲東京の歴史 通史編1

「東京」の新たなヒストリーを3つのコンセプトで読み解く!『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻が刊行開始 ▲東京の歴史 通史編1

「東京」の新たなヒストリーを3つのコンセプトで読み解く!『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻が刊行開始 ▲東京の歴史 通史編1


安政4年(1857年)創業の歴史書専門出版社・吉川弘文館では、新たな“東京”ヒストリーを3つのコンセプトで読み解く新シリーズ『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻を10月13日より刊行開始しました。

第1回配本は通史編1『先史時代~戦国時代』です。

 

メガロポリス“東京”の新たなヒストリーを、3つのコンセプトで読み解く!

巨大都市(メガロポリス)東京は、どんな歴史を歩み現在に至ったのでしょうか。

古文書や絵図・地図・写真などの史料を窓口に解説した「みる」ことから始め、これを深く「よむ」ことで過去の事実に迫り、その痕跡を「あるく」道筋を案内。

地域の基盤や時代の歩みを多面的に読み解きながら、厳選した200のテーマから個性溢れる東京の歴史を描きます。

 

『みる・よむ・あるく 東京の歴史』の特色

 
◆原始・古代から現代まで、東京の基盤と生成、歴史時代の歩みを、オールカラーで多面的かつコンパクトに辿ります。

 
◆3冊の「通史編」と7冊の「地帯編」で構成。

<「通史編」通巻1~3>
東京都の範囲を対象に、歴史時代を原始・古代、中世、近世、近現代に区分し、とりあげるテーマにそう史料を窓口に時代の流れで描きます。

<「地帯編」通巻4~10>
23の特別区、39の市町村からなる自治体を枠に、通巻4~8で区部を、通巻9~10で多摩地区や島嶼の市町村をとりあげ、それぞれ固有の歴史を描きます。

 
◆各巻4つの章に5つのテーマを節として置き、厳選したあわせて200のテーマを「みる」「よむ」「あるく」の3つで叙述。

「みる」…古文書や記録、絵図・地図・写真を基本史料として1点取り上げ、わかりやすく解説します。

「よむ」…「みる」の基本史料をていねいに読み解き、関連する史料や事項にも触れながら歴史の事実に迫ります。

「あるく」…「みる」「よむ」で得られた知識をもとに、関係する史跡や現状を辿る案内や、さらに深い歴史にむかって“あるく”道筋を記します。

 
◆身近にある史跡や歴史的景観に触れ、地域の博物館・資料館・図書館を利用し、新たな歴史と出会う手がかりを提供します。

 

『みる・よむ・あるく 東京の歴史』全10巻の概要

編者:池享さん・櫻井良樹さん・陣内秀信さん・西木浩一さん・吉田伸之さん
体裁:B5判・上製・オールカラー・平均160頁
価格:本体各2,800円(税別)

 
■全10巻の構成

<通史編(通巻1-3)>
1 先史時代~戦国時代(発売中)
2 江戸時代(11月刊行)
3 明治時代~現代(12月刊行予定)

<地帯編(通巻4-10)>
1 千代田区・港区・新宿区・文京区
2 中央区・台東区・墨田区・江東区
3 品川区・大田区・目黒区・世田谷区
4 渋谷区・杉並区・練馬区・中野区・板橋区・豊島区・北区
5 足立区・葛飾区・荒川区・江戸川区
6 多摩I
7 多摩II・島嶼

東京の歴史組見本「みる」

東京の歴史組見本「みる」

東京の歴史組見本「よむ」

東京の歴史組見本「よむ」

東京の歴史組見本「あるく」

東京の歴史組見本「あるく」

 

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1: 通史編1 先史時代~戦国時代
多様な地形をもち、豊かな自然に彩られる東京。武蔵国府の設置、武士団の成長、小田原北条氏の支配。その下で営まれる人びとの暮らしや社会の動きに視点を置き、「東京の歴史」の舞台と、先史から戦国時代の歩みを描きます。

 
【関連】
株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です