本のページ

SINCE 1991

「ちょい読みから楽しむ。朝日新聞」1日、1記事から。1日、数分だけ。全部読まなきゃと無理せず、自分なりの楽しみ方を発見!

「ちょい読みから楽しむ。朝日新聞」1日、1記事から。1日、数分だけ。全部読まなきゃと無理せず、自分なりの楽しみ方を発見! ▲築地市場駅ポスター

「ちょい読みから楽しむ。朝日新聞」1日、1記事から。1日、数分だけ。全部読まなきゃと無理せず、自分なりの楽しみ方を発見! ▲築地市場駅ポスター

朝日新聞社が2017年10月より、「ちょい読みから楽しむ。朝日新聞」をテーマとしたキャンペーンを開始しています。

 

「ちょい読み」をキーワードに、1日1記事から、1日数分から気軽に新聞を楽しむコツなどを伝授

テレビ等で活躍する林修さんをナビゲーターに迎えた「ちょい読みから楽しむ。朝日新聞」スペシャルサイトを開設。ゆっくり読む時間が取れなかったり、記事が多すぎて敬遠ぎみになったり、積んでおく状態が続いたり……。そんな「新聞を楽しめていない人、楽しみ方がわからない人」に、「ちょい読み」をキーワードに、1日1記事から、1日数分から気軽に新聞を楽しむコツや、簡単なノウハウを伝授します。

実際に朝日新聞を読んでいる各界著名人に聞く「ちょい読み」のコツや工夫、朝日新聞おすすめの「ちょい読み」ノウハウなどを紹介します。

また、連載記事「天声人語」「しつもん!ドラえもん」「声」の担当記者に聞く記事の魅力や楽しみ方なども紹介。新聞を楽しめていない人にも、新聞をじっくり読んでいる人にも「そんな読み方もあったんだ」と新しい発見につながるコンテンツとなっています。

記事の専用スクラップブックなど、「ちょい読み」がもっと楽しくなるグッズをプレゼントする購読・試読キャンペーンも実施されています。

★特設サイト:http://info.asahi.com/choiyomi/

 

コンテンツ内容

・著名人インタビュー 「ちょい読み」のヒントを探しに
 石田ひかりさん/清水ミチコさん/増田ユリヤさん/春風亭昇吉さん

・年代別の「ちょい読み」 簡単!役立つ!ちょい読みの楽しみ方
 小学生親子、中高生、大学生・就活生、大人それぞれにおすすめの「ちょい読み」紹介

・担当記者に聞く、「ちょい読み」
 「天声人語」「しつもん!ドラえもん」「声」担当記者による連載記事の魅力と楽しみ方の紹介

※コンテンツは随時拡充予定です。

 
【関連】
ちょい読みから楽しむ、朝日新聞。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です