本のページ

SINCE 1991

鎌倉・鶴岡八幡宮のそばにひっそりと佇む不思議なガラス雑貨店が舞台のほっこりジュエリーミステリー!瀬橋ゆかさん『鎌倉硝子館の宝石魔法師』刊行 〔ことのは文庫 1月〕

瀬橋ゆかさん著『鎌倉硝子館の宝石魔法師 守護する者とビーナスの絵筆』(装画:前田ミックさん)

瀬橋ゆかさん著『鎌倉硝子館の宝石魔法師 守護する者とビーナスの絵筆』(装画:前田ミックさん)

マイクロマガジン社は、オトナ女子向け文芸レーベル「ことのは文庫」より、瀬橋ゆかさん著『鎌倉硝子館の宝石魔法師 守護する者とビーナスの絵筆』(装画:前田ミックさん)を1月20日に刊行しました。

 

宝石魔法師たちが、あったかい謎解きで人の心を癒す“ほっこりジュエリーミステリー”

 
<『鎌倉硝子館の宝石魔法師』あらすじ>

鎌倉の不思議なガラス雑貨専門店にふと足を踏み入れた更紗は、そこでクラスメイトの美少年・悠斗に出会い、秘密を共有することに。

鎌倉・鶴岡八幡宮のそばにひっそりと佇む『硝子館 ヴェトロ・フェリーチェ』は、謎めいたイケオジの店長と、時折美青年に変身する黒猫のいる不思議なガラス雑貨店。
女子高生の桐生更紗(きりゅう・さらさ)は「王子」と呼ばれる同級生・蒼井悠斗(あおい・ゆうと)が、そこで「家業の手伝い」をしていることを知るのだが、ここは、人の持つ唯一無二の「心の宝石」を鑑定&メンテナンスする「宝石魔法師」の一族が営む店で――!?

訪れる人たちが、それぞれ抱える心の傷を宝石の魔法が癒す、色鮮やかなほっこりジュエリーミステリー!

 
【先読みレビューで寄せられた感想】

「心の宝石が壊れたらたどり着く不思議な硝子館。
自分ではどうしようもなくなった時、スイーツとお茶でもてなしてくれて、心のメンテナンスをしてくれる。
なんて優しい世界なんだろう。私の中の心の宝石は何色なんだろう。
それはまだメンテナンスしなくても大丈夫なのかな?
頑張り過ぎず、メンテナンスが必要になる前に気付いて自分にも優しくしてあげよう。
自分のことは案外自分では分かっていないから、硝子館が必要な時に現れてくれたらいいのにな。
鎌倉行きたいなあ。鶴岡八幡宮にも長谷寺にも、そしてもちろんこの『硝子館ヴェトロ・フェリーチェ』にも。」
(レビュアー)

「まずは一言、言わせてください。「最高すぎます」
話の内容が面白いのはもちろん、宝石の知識・雑学など知りたい情報が盛りだくさんでメモを取りながら読みました。
連作短編ですが、どの話も最高で一気読み間違いなしです。
読後こう感じるのでは。「自分の心の宝石の色は何色ですか?」と……。」
(レビュアー)

「お店のお客様達の心が晴れると読み手のこちらもなんだか素敵な明るい気持ちになれたり、美味しそうな食べ物に反応してみたり。とても温かい楽しい気持ちで読み終えました。
自分の心の宝石はどの石? どんな石言葉なんだろう?
石言葉の魔法を使うこのお店、ゆっくり時間が流れる鎌倉で探してみたくなりました。」
(書店関係者)

 

著者プロフィール

 
■著者:瀬橋ゆか(せはし・ゆか)さん

徳島県出身、東京都在住。『5分後に失われる恋』(角川ビーンズ文庫)に収録の『虹色鉛筆』が初の書籍化作品。

既刊に『ハナコトバ喫茶の事件図鑑』(双葉文庫)、『尾道 神様の隠れ家レストラン~失くした思い出、料理で見つけます~』(アルファポリス文庫)がある。

本と珈琲と植物、クリームソーダと焼きそばパンが好き。

★Twitter:https://twitter.com/sehashi_yuka

 
■装画:前田ミック(まえだ・みっく)さん

イラストレーター。書籍装画、音楽動画、広告用イラスト等を中心に活動。

書籍装画実績として『手づくり雑貨ゆうつづ堂』(著:植原翠さん/マイナビ)シリーズ、『小料理屋いろりのお味見レシピ』(著:望月くらげさん/富士見L文庫)等人気作多数。

★Instagram:https://www.instagram.com/m.mic.0707/

 

オトナ女子向け文芸レーベル【ことのは文庫】について

「心に響く物語に、きっと出会える」

ことのは文庫は、マイクロマガジン社より発行しているオトナ女子向け文芸レーベルです。
2019年6月に創刊後、『わが家は幽世の貸本屋さん』や『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』『極彩色の食卓』など様々な作品が登場しています。新作は毎月20日に発売。

 
★ことのは文庫公式サイト:https://kotonohabunko.jp/
★Twitter:https://twitter.com/kotonoha_mm
★Facebook:https://www.facebook.com/kotonohaMM2
★Instagram:https://www.instagram.com/kotonohabunko/
★TikTok:https://www.tiktok.com/@kotonoha_mm

 

 
【関連】
ことのは文庫 | MICRO MAGAZINE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。