本のページ

SINCE 1991

【第67回小学館漫画賞】『古見さんは、コミュ症です。』『消えた初恋』『二月の勝者 ―絶対合格の教室―』『ミステリと言う勿れ』が受賞

第67回小学館漫画賞の受賞作が決定!

第67回小学館漫画賞の受賞作が決定!

小学館は1月18日、第67回小学館漫画賞の受賞作を発表しました。

 

第67回小学館漫画賞の受賞作が決定!

第67回小学館漫画賞の各部門の受賞作は次の通りです。

 
■児童向け部門

該当作なし

 
■少年向け部門

オダトモヒトさん
『古見さんは、コミュ症です。』(小学館)

 
■少女向け部門

原作:ひねくれ渡(ひねくれ・わたる)さん/作画:アルコさん
『消えた初恋』(集英社)

 
■一般向け部門

◎高瀬志帆(たかせ・しほ)さん
『二月の勝者 ―絶対合格の教室―』(小学館)

◎田村由美(たむら・ゆみ)さん
『ミステリと言う勿れ』(小学館)

 
審査委員は、かざま鋭二さん、川村元気さん、島本和彦さん、ブルボン小林さん、細野不二彦さん、松田奈緒子さん、原田マハさん。

受賞者には、正賞としてブロンズ像、副賞として100万円が贈られます。

 

小学館漫画賞について

小学館漫画賞は、昭和30年に創設され、児童向け、少年向け、少女向け、一般向けの4部門で、それぞれ優れた漫画作品を選出・顕彰する漫画賞です。小学館が主催。

前年1月1日以降に雑誌、単行本、新聞等に発表されたものを選考対象とし、当年1月に選考・発表します。

 

古見さんは、コミュ症です。 (1) (少年サンデーコミックス)
オダ トモヒト (著)

中毒必至のコミュ症ヒロインコメディー!!

話したい、話せない。この緊張が、伝わってたらどうしよう。

万人が振り返る美少女・古見(こみ)さんは、コミュ症です。
コミュニケーションがとても苦手で、周囲は近寄りがたく感じている?
「どうやって話しかけよう」「話しかけた後どうしよう」
と考えてしまう古見さん。
そんな古見さんと、友達になった只野(ただの)くんの学園生活、開校です!!

心も指先も震えるけど、目標は友達を100人作ること!
思わずニヤニヤ、でもたまに胸をつくコミュニケーションコメディー!!

【編集担当からのおすすめ情報】
古見さんの可愛らしさ、人と接する時の緊張感などなど、きっと古見さんを愛さずにはいられない物語です。

人付き合い(コミュニケーション)で、たまに胸が締め付けられる全ての人に、是非お読み頂けますと幸いです。

消えた初恋 1 (マーガレットコミックス)
アルコ (著), ひねくれ 渡 (原著)

「青木…そんなに俺のことを──…」
青木は、隣の席の橋下さんに片想い中。しかし橋下さんの消しゴムを借りたら、同じクラスの男子・井田の名前が…(涙)。しかも、その消しゴムを持っている所を井田に見られてしまい…まさかの勘違いを!?
ちょっとおバカで、最高に一生懸命な初恋ものがたり、始まります。

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)
高瀬 志帆 (著)

中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!

【編集担当からのおすすめ情報】
2020年の大学受験改革(センター試験廃止・大学入試共通テスト新設)。
高校からは受験できない中高一貫校の増加など、これまでの常識が通用しなくなっている激動の受験界。
いまや首都圏では4人に1人が中学受験に参加する現在において、中学受験とはどんな仕組みなのか、そして勝利を勝ち取る戦略とは?
中学受験塾を舞台に、講師と生徒、保護者の、合格を勝ち取る闘いを強烈なキャラクターと圧倒的なリアリティで描く、時代の要請に応える作品です。

ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
田村 由美 (著)

『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年!
しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!!

解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!!

冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!?

突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。
しかもその被害者は、整の同級生で・・・。
次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・???

新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!

 
【関連】
小学館漫画賞 – 小学館コミック

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。