本のページ

SINCE 1991

電子書籍サイト「犬耳書店」

犬耳書店

「犬耳書店」は、”読みたいトコだけ買える”実用書専門の電子書籍サイトです。
2016年11月15日オープン。電子書店パピレスRenta! などのサービスを手掛ける株式会社パピレスが運営しています。

犬耳書店では、実用書をばらして記事単位で販売していますので、本という単位にしばられることなく、読みたい部分だけを安価に購入できます(一部対象外)。

無料で読める記事もありますし、有料の記事でも冒頭サンプルは無料で読めるので、中身を確認してから購入できます。

なお、取り扱う電子書籍はすべて出版社経由のものですので、著者が明確で、プロの編集がチェックしており、情報の信頼性が担保されています。

ちなみに、本のしおり代わりにページの隅を折ることを、英語で「dog-ear=ドッグイア」と言います(折った形が犬の耳に似ているため)が、「ユーザーが本の中から読みたい部分だけを買える」というサイトの特長を表す言葉として、dog-earをそのまま日本語にした造語をサイト名としたそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です