本のページ

SINCE 1991

「GUNSLINGER GIRL」相田裕さん最新作『勇気あるものより散れ』1巻が刊行 不死の少女と死に損ないの武士が命を燃やす明治浪漫譚

『勇気あるものより散れ』1巻書影 (c)相田裕/白泉社

『勇気あるものより散れ』1巻書影 (c)相田裕/白泉社

『GUNSLINGER GIRL』『1518!』で知られる漫画家・相田裕さんの最新作『勇気あるものより散れ』の第1巻が白泉社より刊行されました。

 

『勇気あるものより散れ』について

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

明治七年、東京。
幕末に死に損ねた武士・春安は、死に場所を求めて大久保利通の暗殺計画に手を出すが「不死」の力を持つ少女・シノに暗殺を阻まれる。

ようやく死ねると思った春安だったが、シノは自らの「不死の母を殺し、自分も死ぬ」という宿願を果たす為に春安を助け眷属とする。

しかし、母殺しを目指す中で明治政府、不死の兄弟たちが立ちふさがり…!?
不死の少女が血を流し命を燃やす、明治浪漫譚!!

 
青年コミック誌『ヤングアニマル』(毎月第2・第4金曜日発売)で連載中。
白泉社の総合エンタメアプリ「マンガPark」(https://manga-park.com/title/47455)で第1話が無料で読めます。

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

『勇気あるものより散れ』1巻より (c)相田裕/白泉社

 

著者プロフィール

著者の相田裕(あいだ・ゆう)さんは、漫画家・イラストレーター。

代表作『GUNSLINGER GIRL』(全15巻/KADOKAWA)は、第16回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門で優秀賞を受賞。ほかには『1518!』(全7巻/小学館)などの作品がある。現在は、『勇気あるものより散れ』を『ヤングアニマル』で連載中。

★Twitter[@aidayu02]:https://twitter.com/aidayu02

 

 
【関連】
勇気あるものより散れ | マンガPark(マンガパーク)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です