本のページ

SINCE 1991

有川ひろさん最新小説集『みとりねこ』が刊行! 『旅猫リポート』の外伝も収録

有川ひろさん著『みとりねこ』

有川ひろさん著『みとりねこ』

有川ひろさんの最新小説集『みとりねこ』が、講談社より刊行されました。舞台化、ラジオドラマ化、映画化、数々のメディアミックスをされた人気ロングセラー小説『旅猫リポート』の外伝も収録。

 

あの感動をもう一度! 猫好きな人もそうでない人も、大切な存在とは何かが感じられる一冊!

『みとりねこ』は、いつも私たちのそばにいてくれる7匹の猫たちを描いた短編集です。

累計50万部突破の『旅猫リポート』の外伝2作「ハチジカン」「こぼれたび」に加え、書き下ろし短編「粉飾決算」も収録されます。

装画は『コロボックル絵物語』以来の強力タッグ、前作の『旅猫リポート』でも装画を担当した村上勉さん。初版には、徒花スクモ(宮澤ひしを)さんによる描き下ろし漫画も封入されます。

 
<収録作>

「ハチジカン」
「こぼれたび」
「猫の島」
「トムめ」
「シュレーディンガーの猫」
「粉飾決算」
「みとりねこ」

 

著者プロフィール

著者の有川ひろ(ありかわ・ひろ)さんは、高知県生まれ。2004年『塩の街 wish on my precious』で「電撃ゲーム小説大賞」を受賞しデビュー。

同作と『空の中』『海の底』の「自衛隊三部作」、「図書館戦争」シリーズ、「三匹のおっさん」シリーズをはじめ、『阪急電車』『植物図鑑』『県庁おもてなし課』『空飛ぶ広報室』『旅猫リポート』『だれもが知ってる小さな国』『アンマーとぼくら』など著書多数。

2019年に「有川浩」より「有川ひろ」に改名、以降の著書に「倒れるときは前のめり」シリーズ、『イマジン?』がある。

 

みとりねこ
有川 ひろ (著)

稀代のストーリーテラーが綴る7編、7匹の物語。
時間は有限。出逢いは無限。
『旅猫リポート』外伝2編も収録!

猫の浩太は、一家の長男・浩美と生まれたときからずっと一緒。
もう二十歳を超えるけど、年齢を感じさせないピカピカの毛並みがご自慢。
いつも醤油にひたした肉球で、テーブルクロスにハンコをペタペタ。
さて、念入りな肉球ハンコのわけは――?

きっとあなたの宝物になる。猫とあなたの7つの物語。

初版限定特典
徒花スクモ(宮澤ひしを)による書き下ろし漫画封入!

旅猫リポート (講談社文庫)
有川 浩 (著)

この絆は、恋愛を超える。カギしっぽのナナと心優しい青年サトルの、最後の旅の物語。

野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで”最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です