本のページ

SINCE 1991

【第12回辻静雄食文化賞】山根京子さん『わさびの日本史』が受賞

辻静雄食文化財団は5月24日、よりよい「食」を目指し、新しい世界を築き上げた作品や個人を顕彰する「第12回辻静雄食文化賞」の受賞作品・受賞者を発表しました。

 

辻静雄食文化賞について

辻静雄食文化賞は、食分野の教育と研究に生涯を捧げた辻調グループ創設者・辻静雄さん(1933~1993)の志を受け継ぎ、2010年に創設されました。

同賞は、我が国の食文化の幅広い領域に注目し、よりよい「食」を目指して目覚しい活躍をし、新しい世界を築き上げた作品、もしくは個人・団体の活動を対象に選考し、これに賞を贈るものです。

また特別部門として専門技術者賞を設け、調理や製菓等の現場で活躍する技術者を顕彰しています。

 

「第12回辻静雄食文化賞」受賞作・受賞者

第12回辻静雄食文化賞の受賞作品・受賞者は次の通りです。

 
<第12回辻静雄食文化賞 受賞作品>

山根京子(やまね・きょうこ)さん
『わさびの日本史』(文一総合出版)

<受賞理由>
文献を網羅的に調べ上げ、わさびの歴史を広範に紐解いた食文化の本として優れており、日本固有種のわさびを初めて総合的に論じた点が高く評価できる。また、年表や資料も充実し、読んで楽しめる。

<著者と作品について>
わさびは日本の野生植物を栽培化した、数少ない食材の一つ。歴史資料を渉猟し、フィールドワークも組み合わせ、わさびの植物としての由来から、栽培、利用の歴史を綴る。わさびに対する思いと好奇心に満ちた読み物。著者は岐阜大学応用生物科学部准教授、農学博士。

 
<第12回辻静雄食文化賞 専門技術者賞>

川田 智也(かわだ・ともや)さん
「茶禅華」 エグゼクティブシェフ

 
第12回辻静雄食文化賞の選考委員は、石毛直道さん(委員長/国立民族学博物館名誉教授、文化人類学者)、鹿島茂さん(フランス文学者)、湯山玲子さん(著述家、プロデューサー)、福岡伸一さん(青山学院大学教授、分子生物学者)、辻芳樹さん(辻調グループ代表、学校法人辻料理学館理事長、辻調理師専門学校校長)、八木尚子さん(辻調グループ 辻静雄料理教育研究所副所長)。

なお、第12回辻静雄食文化賞の贈賞式は、6月に開催予定。

 

わさびの日本史
山根 京子 (著)

粒粒辛苦な栽培植物起源学の研究でわかった!歴史ミステリー

一見何でもない野生植物が、いつか栽培植物となる。
そこに、人々のどんな思いがあったのだろう。
誰が、どういう動機で、何を思い栽培を始めたのだろう。
それに少しでも迫りたい。
名もなき人々の思いの復元を目指した栽培植物起源学の研究者が歴史の謎を掘り出してしまった!

和食で使われる野菜といっても,日本発祥の植物はごくわずか。日本の野生植物からうまれた数少ない食材の一つが,ワサビです。DNA解析を駆使する理系女子が『群書類従』など歴史資料に手を伸ばし,栽培ワサビの起源に迫ります。

・世界唯一?のワサビ研究者,山根京子先生による初めての本。

・ワサビはほんとに日本固有種か? 中国に乗り込んで調査を始めたら,そっくりな植物があって呆然。でも,ツンとくる辛さをもつのは日本のワサビだけ。やっぱり固有種だった。ほっとした~。

・日本にしかないこの野生植物が,栽培植物へと変わった現場をつきとめるべく,ピペットを古文書に持ち替えて,歴史的な記録の中にワサビの影を探索開始!

・そんなワサビの影を網羅した「ワサビ年表」つき。堂々30ページ!

・伊藤若冲のかわいい作品「野菜涅槃図」にワサビが描かれてるって知ってましたか? そう言われて絵を見ても,どこにあるのか見つからない! ところが,それが栽培の歴史を示す資料になる。芋づる式に出てくる情報が織り上げるストーリーは,まるで歴史ミステリー。

・ワサビ栽培の発祥地はおそらく静岡市有東木。しかし,DNAは原産地が山梨,群馬,長野エリアであることを示している。これは何を意味するのだろう?

・「ワサビ応援団長」を自認する山根先生ならではの蘊蓄もちょこちょこ披露。

・知りたかったのは,ちいさな野生植物を栽培しようと思った先祖の想い。記録のない昔のこと,それはおそらくかなわないけど,少しでも迫りたい。それが栽培植物起源学の心意気。植物の好きな人も,和食に関心のある人も,歴史の好きな人も楽しめる本です。

 
【関連】
辻静雄食文化財団

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です