本のページ

SINCE 1991

【訃報】京都の書店「三月書房」前店主・宍戸恭一さんが死去 吉本隆明さん編集の雑誌『試行』を販売

思想書、歌集など独自の品ぞろえで全国的に知られる、京都市の書店「三月書房」の前店主・宍戸恭一(ししど・きょういち)さんが1月22日に京都市内の病院で脳梗塞のため死去していたと、京都新聞などが伝えています。95歳。葬儀は近親者で営んだとのことで、喪主は長男の立夫(たつお)さんです。

 
三月書店は1950年に宍戸恭一さんの義父が開店、70年代に宍戸さんが継ぎました。ベストセラーは扱わず、思想書や社会評論書、短歌や詩、俳句など人文・社会学系の本を集め、思想家の吉本隆明さんら多くの文化人が通ったことで知られます。
また、吉本隆明さん編集の雑誌『試行』(1961年創刊、1997年終刊)の販売も行っていました。

 
著書に『現代史の視点―<進歩的>知識人論』(1982年)、『三好十郎との対話―自己史の追及』(1983年)などがあります。

 
【関連】
京都の名物書店前店主死去 三月書房、宍戸恭一さん : 京都新聞
宍戸恭一さん死去 京都・三月書房の前店主:朝日新聞デジタル

三月書房 現代短歌、ペヨトル工房、南天堂、吉本隆明、猫々堂、、飢餓陣営、脈発行所、人智学、黒色戦線社、自由価格本
三月記(仮題)・・・「三月書房のブログのようなもの」です。
三月書房販売速報・・・「いちおう」出版業界向けメルマガです。 

宍戸恭一さんが語る 雑誌『試行』 : daily-sumus

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です