本のページ

SINCE 1991

汐見夏衛さん新境地『さよなら嘘つき人魚姫』刊行 特設サイト&インスタも開設

汐見夏衛さん著『さよなら嘘つき人魚姫』(装画:みっ君さん)

汐見夏衛さん著『さよなら嘘つき人魚姫』(装画:みっ君さん)

TikTokで話題となったベストセラー恋愛青春小説『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』で知られる汐見夏衛さんが自らの新境地に挑んだ完全書き下ろし長編『さよなら嘘つき人魚姫』(装画:みっ君さん)が、一迅社より刊行されました。

 

悩み、痛み、孤独を描き切る、汐見夏衛さんの新境地!汐見夏衛さんが自らの新境地に挑んだ完全書き下ろし長編『さよなら嘘つき人魚姫』が発売!

本書は、高校の教員としての経歴を持つ著者の視点から、学生たちが抱える苦しみやもがき・その先にある希望をリアルに書いた作品です。

 
<『さよなら嘘つき人魚姫』あらすじ>

一匹狼の彼と、狼少女の君。もう嘘はいらない。ありがとう――――。

どうでもいい嘘ばかりついて、へらへら笑う『かまってちゃん』の綾瀬水月。
誰とも喋らず親切も拒絶して、透明人間扱いされている〈変人〉、羽澄想。
ふたりは、誰にも知られていない悩みがあった。居場所がなくて毎日が息苦しくて――”死”に憧れていた。
そんなふたりは、あるきっかけで一緒に過ごすようになる。互いに聞かれたくないことには触れず、そっと寄り添うように、おだやかに過ごす日々。しかし現実は残酷で……。

「ふたりなら、きっと、怖くない」
潤んだ瞳が海を見ている。
「せえの……」
息を合わせて、手を繋いだまま、ふたり同時に地面を蹴った。

すがるように奇跡を待っていた二人。絶望の中で、見つけた光とは……。

 
【著者コメント】

「構想から約一年。
自らの新境地に踏み出すべく、
男女交互視点、心情描写の深化、人物の掘り下げ……
今ある力を振り絞って、苦しみ抜いて書き上げた”宝物”のような作品です。」
――汐見夏衛

 

著者プロフィール

著者の汐見夏衛(しおみ・なつえ)さんは、鹿児島県出身、愛知県在住。

代表作『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』(スターツ出版)で、さまざまな年代の共感を呼び、累計20万部の大ヒット。デビュー作『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』はロングセラーを記録。

高校の国語教師としての経験をもとに、生きづらさを抱えた人へのメッセージを込めて小説を執筆している。

 

応援メッセージ&コメント

本書を読んだ業界関係者から、応援コメントや応援イラストが寄せられています。

 
◆佐野徹夜さん(小説家/『君は月夜に光り輝く』メディアワークス文庫)

誰もが一度は、海に沈んでいきたいと想像してみたことがあるかもしれない。
生と死を巡る、悲しくて切ない恋の物語。
彼女の嘘に隠された秘密が気になって、最後まで一気にページをめくりました。
この二人が、これからどんな人生を生きていくのか。
想像すると、楽しみになりました。

 
◆伊東歌詞太郎さん(シンガーソングライター、小説家/『家庭教室』KADOKAWA)

単に”学校の問題”を描くのではなく、
実は身近にあるけれど気づかれていない、”家庭の問題”に切り込んだ意欲作だと感じました。
でもご安心ください。読後は幸せな気持ちになります。
きっと作者は素敵な教師だったんじゃないでしょうか!

 
◆ふすいさん(イラストレーター)

誰にも言えない嘘を抱えている二人。
居場所がなくて、毎日息苦しく、苦悩していました。
でも、それを乗り越えるため、少しずつ変わろうとしていく
二人の姿に自然と涙が出ました。

 
◆佳奈さん(イラストレーター)

この本は、誰かの命を救うかもしれない。
読み終わって、一番に感じました。
見どころは、高校生の繊細な心の変化が鮮やかに
描かれていること…心を揺さぶられました。

 
◆前田ミックさん(イラストレーター)

様々な制約の中で自分の想いを伝えることは、
とても難しいし怖いかもしれない。
でもその時の横顔はとても輝いていて綺麗だなと思いました。

 
◆雨宮うりさん(イラストレーター)

様々な『愛』が詰まった一冊でした。
喉元をえぐられるような主人公たちの孤独、生き方に涙が止まらず、
本当に苦しかったです。
ただ、最後に人の心を救うのはやはり無償の愛なんですね。
主人公たちを見て本当の愛と優しさを学ばせてもらいました。

 
◆かわいちひろさん(イラストレーター)

この度は「さよなら嘘つき人魚姫」ご刊行おめでとうございます!
海という場所が都度繊細に描かれているのが印象的な作品で、
刹那の時間を共有した二人の感情の揺れとともに
胸を締め付けられる気持ちでした。

★『さよなら嘘つき人魚姫』公式Instagramにて随時更新中:https://www.instagram.com/sayonara_usotsuki/

 

さよなら嘘つき人魚姫
汐見 夏衛 (著), みっ君 (イラスト)

 
【関連】
さよなら嘘つき人魚姫 | 一迅社ノベルス | 一迅社
さよなら嘘つき人魚姫【公式】(@sayonara_usotsuki) – Instagram写真と動画

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です