本のページ

SINCE 1991

絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』が当たる! マイクロマガジン社こどものほん編集部のInstagram投稿をいいね&フォローで

絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』が当たる!

絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』が当たる!

マイクロマガジン社は、こどものほん編集部の公式Instagram(https://www.instagram.com/kodomono_hon/)をフォローし、絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』プレゼント企画の投稿にいいねをした方の中から抽選で2名に、絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』(著:マイク・クラトウさん/翻訳:福本友美子さん)をプレゼントします。

 

米国で数々の賞を受賞した名作絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』が当たる!

マイクロマガジン社は、世界累計100万部を突破した『おかあさんはね』や、世界初の本の中に入って遊べる絵本『でんしゃごっこ』『バスごっこ』など、バラエティ豊かな書籍を出版するこどものほん編集部の公式Instagramにて、絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』のプレゼント企画を開催中です。

 
■応募期間:2021年1月8日(金) ~ 2021年1月25日(月)

■発表:2021年2月上旬までに当選した方にのみ、DMにて連絡。

★詳細(こどものほん編集部公式Instagram):https://www.instagram.com/p/CJxaGWOD7uF/

 
【さらに!画像に【@kodomono_hon】をタグ付け+リポストで当選確率が2倍に!!】
※画像はスクリーンショットでも可。

 

おおきな街で出会った、すてきな友情のものがたり。――絵本『ちいさなエリオット おおきなまちで』

<あらすじ>
エリオットは水玉模様の小さなぞう。
大きな街で暮らすのは、毎日、何かと大変です。
でも、本当に嬉しくて、幸せなものは、ちっちゃなかたちをしているのです。
エリオットは大都会で誰にも気づかれないようなちいさな象ですが、大切な友達と出会い、自分も誰かの役に立てる存在だということに気が付きます。

ピンクとブルーの水玉がキュートなぞうのキャラクターと、1940年代のニューヨークをモチーフにした描写が魅力の絵本シリーズの第1作目。

「誰もが誰かの大切な人」そんなことを教えてくれる絵本です。

 

著者プロフィール

 
■著者:マイク・クラトウさん

ニューヨーク郊外に生まれ育ち、幼いころから絵を描いていた。
大学卒業後、シアトルでグラフィックデザイナーとして活動するが、2014年に本書で念願の絵本作家デビューをはたし、数々の賞を受賞。「ちいさなエリオット」シリーズは10ヶ国以上で翻訳出版されている。

こまこました宝物を大切にし、カップケーキが大好き。ニューヨークの街を散歩すると、カップケーキを食べている彼に会えるかもしれない。

 
■訳者:福本友美子(ふくもと・ゆみこ)さん

公共図書館勤務を経て、現在は児童書の研究、翻訳をする。

訳書は『としょかんライオン』(岩崎書店)、『おやすみ、はたらくくるまたち』(ひさかたチャイルド)、『ないしょのおともだち』(ほるぷ出版)、「おさるのジョージ」シリーズ(岩波書店)、など多数。

ニューヨークは大好きな街で、たびたび訪れている。こまこました宝物を集めるのも大好き。

 

ちいさなエリオット おおきなまちで
マイク・クラトウ (著), 福本友美子 (翻訳)

「誰もが誰かの大切な人」そんなことを教えてくれる絵本。

1940年代のニューヨークをモチーフにした写実的な描写と、キュートなキャラクターで、数々の賞を受賞したハートウォーミングストーリー。
大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第一弾

 
【関連】
絵本『ちいさなエリオット』シリーズ特設ページ | マイクロマガジン社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です