本のページ

SINCE 1991

実写映画化決定!鶴谷香央理さん『メタモルフォーゼの縁側』が完結 第5巻&秘蔵短編集を同時刊行

鶴谷香央理さん著『メタモルフォーゼの縁側』第5巻

鶴谷香央理さん著『メタモルフォーゼの縁側』第5巻

鶴谷香央理さんのコミックス『メタモルフォーゼの縁側』の完結巻となる第5巻が、KADOKAWAより1月9日(土)に刊行されます。鶴谷さんの秘蔵短編集『レミドラシソ 鶴谷香央理短編集 2007-2015』も同時発売。

また、『メタモルフォーゼの縁側』の実写映画化も決定。KADOKAWAでは『メタモルフォーゼの縁側』完結および実写映画化を記念して「試し読み増量」キャンペーンも開催します。

 

どこまでも優しい物語、完結。

58歳差の二人が過ごした時間は交わした言葉よりも鮮やかで、きっと心の奥にいつまでも。どこまでも優しい物語、完結――。

 
「このマンガがすごい!2019」オンナ編第1位を受賞し、各所で話題となった「75歳にしてBLを知った老婦人と書店員の女子高生が織りなす穏やかで優しい日々の物語」が堂々の完結です。

 
<人気お笑い芸人「麒麟」川島明さんも推薦!>

「年齢は関係ない、推したいものに出会えた幸せに感謝しようと思えた漫画。僕はこの漫画を思いっきり推してます。」

 
◆完結&実写映画化を記念して試し読み増量!

KADOKAWAでは、2021年1月9日(土)00時~2021年1月20日(水)23時59分まで、期間限定で20話まで公開します。

★URL:https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS12200299010000_68/

 

秘蔵短編集も同時発売!

本作で注目を集めた鶴谷香央理さんが、これまでさまざまな媒体で描いてきた3作品を収録した『レミドラシソ 鶴谷香央理短編集2007-2015』も同時発売されます。

 
「おおきな台所」「吹奏楽部の白井くん」「ル・ネ」、共通するのは穏やかなあたたかさ――。

 

鶴谷香央理さん プロフィール

著者の鶴谷香央理(つるたに・かおり)さんは、1982年生まれ。富山県出身。2007年「おおきな台所」でデビュー。同作品で「第52回ちばてつや賞」準大賞を受賞。

著書は『メタモルフォーゼの縁側』のほか、『don’t like this』がある。

★Twitter(@tsurutani):https://twitter.com/tsurutani

 

 
【関連】
メタモルフォーゼの縁側 | KADOKAWA

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です