本のページ

SINCE 1991

小学館の文芸ポータルサイト「小説丸」がリニューアル 文芸誌『きらら』と『本の窓』も参加

小学館の文芸ポータルサイト「小説丸」がリニューアル

小学館の文芸ポータルサイト「小説丸」がリニューアル

「きょうなにをよむ?」を旗印に、読者と本との出合いの場を提供する小学館の文芸サイト「小説丸」(https://shosetsu-maru.com/)が、文芸誌『きらら』と『本の窓』を迎え、Web文芸誌としてのコンテンツを拡充すべく、デザインとシステムを一新しました。

 

小学館の文芸ポータルサイト「小説丸」がパワーアップ!

2004年6月に創刊された文芸誌『きらら』が、10月20日より「WEBきらら」(https://shosetsu-maru.com/quilala)として公開されました。

10月20日配信の「WEBきらら」11月号では、『きらら』の誌面から引き続き連載されるラインナップに加え、新連載が盛りだくさん。スマホやパソコンで楽しめるあらたな文芸誌として生まれ変わります。

 
「小説丸」のリニューアルを記念し、直木賞作家の森絵都さんによる、現代人が忘れかけていた感情を呼び覚ます作品「拾う人」を、気鋭のミステリ作家・井上真偽さんが、「小説丸」と「STORY BOX」の二媒体で、ひとつの事件を二つの視点で描く「深明寺商店街の事件簿」を公開します。

 
「この本があるから、今の私がある」をテーマに話を伺う「小説丸」のインタビュー連載「私の本」では、三浦瑠麗さんをはじめ、滝沢カレンさん、岸田奈美さんと話題の人物が続々登場していきます。

連載小説では、高殿円さんのベストセラーシリーズ『上流階級』の最新作が近々リリースされる予定です。

そして、創刊42年のブックマガジン『本の窓』も、11月20日から「小説丸」のWEBマガジン(https://shosetsu-maru.com/hon-nomado)として生まれ変わります。小説の連載はもちろん、読書に役立つ新しい情報を随時届けます。

 

「小説丸」について

「小説丸」は、2017年の小学館文庫20周年を節目に、小学館文芸編集部によるPRサイトとしてスタートしました。

開設時の企画「『小説X』タイトル募集」や佐藤正午さんの『鳩の撃退法』特設サイトが話題となり、ユーザー、PV数ともに右肩上がりに成長中です。

★URL:https://shosetsu-maru.com/

 
【関連】
小学館の小説ポータルサイト 小説丸
WEBきらら | 小説丸
本の窓 | 小説丸

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です