本のページ

SINCE 1991

世の中にない言葉を勝手につくり出し、勝手に広めていく『妄想国語辞典』第2弾が刊行 「全米が泣いた」【意味】なんの根拠もないこと。

妄想国語辞典2』(著:野澤幸司さん)

妄想国語辞典2』(著:野澤幸司さん)

扶桑社は、世の中にない言葉を勝手につくり出し、勝手に広めていくという不思議な書籍『妄想国語辞典』の第2弾『妄想国語辞典2』(著:野澤幸司さん)を刊行しました。

 
本書は、ヴィレッジバンガードのフリーペーパー『VVmagagine』で連載中の「22世紀の言葉」に、書き下ろしの言葉とエッセーをたっぷり追加して書籍化したものです。

本書のイメージキャラクターは俳優の松重豊さん。下北沢を舞台に妄想する男として、グラビアで登場しています。

<本書で登場する言葉の例>

◎オーケーオーケーセンキューセンキュー
【意味】英語がしゃべれないこと。

◎拡散希望
【意味】内容次第なこと。

◎知り合いの知り合い
【意味】ほぼ無関係なこと。

◎そういうご時世だから
【意味】納得のいかない説明。

◎何階ですか?
【意味】さりげない優しさ。

◎北欧デザイン
【意味】絶大な信頼。

◎B型っぽいね
【意味】複雑な気持ちになること。

◎変な話するけど
【意味】極めて普通の内容。

◎全米が泣いた
【意味】なんの根拠もないこと。

 
クスッと笑ってしまうような、コピーライターの著者だからこそ開発できた言葉が詰まっています。ありそうでなかった辞典をぜひチェックしてみてください。

 
<著者からのコメント>

「まだ存在しない日本語を妄想で開発し、 勝手に発表していくという、この実に不毛な企画。 それがなぜ、想像以上に多くの人に受け入れてもらえたのか。 その答えは、妄想し尽くしても出てきそうにありません。そしてまさかの第二弾。もはや意味不明です。」(本書より一部抜粋)

 
<著者プロフィール>

著者の野澤幸司(のざわ・こうじ)さんは、茨城県牛久市出身。竜ヶ崎第一高等学校、青山学院大学法学部卒業。
ハガキ職人を経てコピーライターに。 普段はいろいろな広告のコピーやCMを考える仕事をしている。

 

妄想国語辞典2
野澤 幸司 (著)

世の中にない言葉を勝手につくり出し、勝手に広めていくという書籍がまさかの第二弾!

■既刊

妄想国語辞典
野澤 幸司 (著)

世の中にないけれど、これから生まれてくるかもしれない日本語の辞典

コトバを職業とする著者が、世の中にないコトバを勝手につくり出し、勝手に広めていく企画をコツコツ続けてきました。
現在、ヴィレッジバンガードのフリーペーパーで連載中の「22世紀の言葉」から、えりすぐりのコトバを集め、さらに新しいコトバを追加したものが1冊の本に!
本書のイメージキャラクターとして、『カメラを止めるな! 』の主人公・日暮隆之を演じた濱津隆之さんの撮りおろしグラビアも多数掲載。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です