本のページ

SINCE 1991

『アンサングシンデレラ』荒井ママレさんインタビューを期間限定で一般公開 どうして主人公はお団子頭?

『アンサングシンデレラ』荒井ママレさんインタビューを期間限定で一般公開

『アンサングシンデレラ』荒井ママレさんインタビューを期間限定で一般公開

薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」(通称:薬ゼミ)は、石原さとみさんが主演する薬剤師ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系 木曜22時~)の原作マンガである『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を描く漫画家・荒井ママレさんに単行本第1巻発刊記念で行ったインタビューを、薬ゼミのWebサイト「Ph-port THINK CUBE」で無料公開中です。

薬剤師・薬学生限定で公開しているインタビューをドラマ放送を記念して、一般公開。「創作のこだわりや苦悩は?」「みどりちゃんのヘアスタイルはどうしてお団子なの?」など、荒井ママレさんが描いた自画像とともに謎を明かします。

 

どうしてお団子頭?『アンサングシンデレラ』の漫画家・荒井ママレさんのインタビューを今だけ無料公開

薬ゼミは、原作マンガ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を『月刊コミックゼノン』連載開始時より応援しており、運営する薬剤師応援メディア「Ph-port THINK CUBE」にて2018年11月2日より薬剤師・薬学生会員向けに無料連載してきました。現在も毎週金曜日更新にて連載中です。

 
今回、ドラマ放送を記念し、2018年11月20日の単行本第1巻発刊時に行った原作者の荒井ママレさんのインタビューを会員以外の方にも閲覧できるよう期間限定で一般公開しました。
※同インタビュー記事は、薬ゼミの薬学生向けフリーマガジン「YAKUZEMI PLUS」の第44号(2019 WINTER)に掲載されたものです。

 
ドラマ視聴者が気になる「主人公 葵みどりちゃんのキャラクターはどのようにして決まったの?」「どうしてみどりちゃんのヘアスタイルはお団子なの?」などの謎を、荒井ママレさんご自身の言葉で明かします。

 
★荒井ママレさんインタビュー:https://ph-port.jp/support/unsung_interview

 

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』について

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』は、『月刊コミックゼノン』2018年7月号より同誌連載中の、荒井ママレさんによる医療コミックです。医療原案は、薬局勤務歴を有する現役病院薬剤師の富野浩充さん。富野さんは、薬剤師ライターとしても活躍中。

 
憧れの職業であった「総合病院の薬剤師」になる夢をかなえたものの「もしかして、薬剤師っていらなくない?」という疑問を抱く薬剤師ヒロイン・葵みどりが、自分の仕事と誠実に向き合う姿を描きます。

処方箋の誤りを医師に尋ねる疑義照会のやり取り、棚卸しなど、多くの医療作品では描かれない「薬剤師業務」が描かれています。

2020年8月現在、単行本第5巻まで発売中。

 

薬ゼミの薬剤師応援サイト「Ph-port THINK CUBE」について

「Ph-port THINK CUBE」は、開学から43年にわたり薬学生を応援している薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール(薬ゼミ)」が、「薬剤師を応援するメディア」として運営するWebサイトです。

無料会員登録により、薬剤師コラムの購読や薬剤師限定イベントへの参加が可能。年4回発行の薬剤師向け雑誌「THINK CUBE」の無料購読もできます。薬剤師会員を随時募集中。

★URL:https://ph-port.jp/

 

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり (1) (ゼノンコミックス)
荒井ママレ (著), 富野浩充 (企画・原案)

総合病院の薬剤師として働く、葵みどり・26歳。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、今日も彼女は患者の「当たり前の毎日」を守るため、院内を駆け回る!! 称賛されなくてもあなたを支える医療ドラマ!!

 
【関連】
荒井ママレ先生にインタビューしてきました! – アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり | Ph-port

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です