本のページ

SINCE 1991

ウェッジホールディングスが手塚プロダクションとライセンス契約を締結 手塚治虫作品のビルマ語翻訳出版権を取得

 ウェッジホールディングスが手塚プロダクションとライセンス契約を締結 手塚治虫作品のビルマ語翻訳出版権を取得 〔写真〕手塚プロダクションにて 左)ウェッジホールディングス・此下社長兼CEO / 右)手塚プロ 松谷社長


ウェッジホールディングスが手塚プロダクションとライセンス契約を締結 手塚治虫作品のビルマ語翻訳出版権を取得 〔写真〕手塚プロダクションにて 左)ウェッジホールディングス・此下社長兼CEO / 右)手塚プロ 松谷社長

ウェッジホールディングス(本社:日本・東京都中央区)は、日本を代表する漫画家 ・手塚治虫さんの著作権を管理する手塚プロダクションと、手塚作品のビルマ語翻訳 E-Book(電子書籍)出版権を取得する、ライセンス契約を締結しました。

 
今後、ミャンマー連邦共和国においてウェッジホールディングスの連結子会社「Group Lease PCL.」が出資しているBagan Innovation Technologyの協力のもと、手塚治虫作品の出版を進めていくとのことです。

その第1弾として『週刊:手塚治虫マガジン』を、ウェッジホールディングスならびにBagan Innovation Technologyの協業で翻訳・編集を行い、本年10月を目処に創刊号の出版を予定しています。

 
Bagan Innovation TechnologyのITプラットフォームは現在、ミャンマーにおいてアクティブユーザー550万人以上を数え、同社の電子書籍ユーザーも70万人を超えています。さらにウェッジホールディングス等との協力体制のもと、全アジアへの展開を目指しています。

 
なお、ウェッジホールディングスは、これまでにもトレーディングカードゲームの体験会をはじめとするイベントの開催、モンゴルの漫画家であるエレデネバヤルさんとの独占プロモーション契約締結、イラストコンテス ト「Illustrator contest Asia」の開催等、コンテンツ事業をアジア展開しています。

 
【関連】
株式会社ウェッジホールディングス
手塚プロダクション

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です