本のページ

SINCE 1991

e-Storyサービス「peep」から初のコミカライズ!漫画版『監禁区域レベルX』が日米同時連載!

漫画版『監禁区域レベルX』が日米同時連載!

漫画版『監禁区域レベルX』が日米同時連載!

動画やイラストに加え、BGM、声優によるボイスの吹き込みを交えた”総合エンタメ小説”のe-Storyサービス「peep」で最も支持を集める『監禁区域レベルX』のコミカライズが決定し、双葉社が運営するマンガ無料配信サイト「webアクション」(https://comic-action.com/)にて7月10日(金)より連載開始されます。

「peep」オリジナル作品からのコミカライズは今回が初となります。コミカライズを担当するのは、新進気鋭の漫画家・meshe(ミーシー)さんです。

また、「webアクション」の連載に先駆けて、『漫画アクション』2020年7月21日号(7月7日発売)で第1話の冒頭24ページが特別公開されています。

本作は、『Lockdown Zone: Level X』として北米でも同時配信されることが決定しており、翻訳出版サービス「DENPA」(https://denpa.pub/)にて公開されます。

 

『監禁区域レベルX』とは

『監禁区域レベルX』は、総ユニークユーザー数100万人を超え、サービス開始当初から人気を博している大石ロミーさん原作のパニック・ダークファンタジー作品です。

人気YouTuberに実況された動画は総再生回数1600万回を超え、10代~20代の読者から多くの支持を集めています。

<あらすじ>

高校2年生・鶴見涼花が昼寝から目覚めると、母から大量の着信があることに気づく。「どうしたの?」「涼花いい?よく聞いて。今うちのマンションにX(サイ)がいるって――」

幼なじみ・室坂修平とともに謎の生命体・Xから逃れようとするが、目覚めると再びベッドの上に。どうやらXに殺されるとループしてしまうらしい。

このマンション、そしてXに隠された謎とは。果たして涼花は、この監禁区域から脱出することはできるのか……?

 

原作者:大石ロミーさん コメント

「『監禁区域レベルX』はpeepが”チャット小説”と呼ばれていた黎明期から掲載されている作品です。特にストーリー序盤は登場人物のチャットでのやり取りで物語が進展することが多かった原作版を、どのように漫画で表現するべきかの正解を出せている内容になりました。原作ファンが読んでも最高に楽しめる内容となっております。1話目から早速「あれ、この子はひょっとして……!」となるサプライズキャラも出てきます。ぜひお楽しみください。」

 

「e-Story」とは

「peep」の運営会社・taskeyがアプリ公開当初「チャット小説」としてユーザーに提供していたサービスは、運営を続ける中で、チャットベースでのストーリーとは離れ、「チャット」でも「小説」でもない、あるいは「漫画」でも「映画」でもない、スマホ時代の新しいエンターテイメントへと変化しました。

このような経緯により、taskeyは集英社と共に2020年の3月より「チャット小説」「チャットノベル」という呼称を、電子媒体(electronic)から生まれた物語(story)という総称で「e-Story」と改めて命名しました。(参考:https://peep.jp/events/e-story_taskey_shueisha_award)

 
<e-Storyサービス「peep」概要>

■サービス名称:peep(ピープ)

■コンテンツ
◎ホラー、恋愛ジャンルを中心としたチャット型UI小説のe-Story
◎イラストを活用したチャット型UI漫画「タップコミック」
◎動画+テキストの新しい読み物「シネマコンテンツ」

■サービス開始日:2017年12月4日

■対応端末:iOS/Android

★URL
◎iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/id1271282207
◎Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.peep.app
◎Web版URL:https://peep.jp

 
【関連】
webアクション|知りたい世界。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です