本のページ

SINCE 1991

ビッグコミックオリジナルで「ジョージ秋山さん追悼企画」 41人の漫画家によるジョージ秋山作品のキャラクター+メッセージに加え、全1039話から編集部厳選の1話を掲載

小学館発行の『ビッグコミックオリジナル』誌上で44年に渡って『浮浪雲(はぐれぐも)』を連載し、去る5月12日に逝去したジョージ秋山さん(享年77)を追悼する企画が、7月4日発売の『ビッグコミックオリジナル』14号に掲載されます。

さいとう・たかをさん、ちばてつやさん、本宮ひろ志さん、高橋留美子さんなど、41人の錚々たる漫画家からの追悼のメッセージ付きイラストを掲載するとともに、44年間に描かれた全1039話の中から編集部が厳選した1話を収録。

 

編集部コメント

ジョージ秋山さんの追悼号に『浮浪雲』の一話を再録することに決めたはいいものの、連載44年、全1039話の中からひとつを選ぶのは至難の業でした。『浮浪雲』という作品は、人間の営みを、つまり生と死をずっと描いてきた作品だからです。

「風のせい」という今回再録した一編は、まさに生と死を描いたものです。この作品の中で(1039話の中でも本当に滅多にないことですが)主人公の”雲”が涙を流して泣いています。

大切な人を失った時、大切な人を失った人を目の前にした時、できることは何もない。ただ「その死」を抱きしめて泣くことくらいしかできないのだと。今、痛感しています。

 

ジョージ秋山さん プロフィール

ジョージ秋山さんは、1943年4月27日、東京都生まれ、栃木県足利市育ち。1966年に「ガイコツくん」(『別冊少年マガジン』)でデビュー。

1968年『パットマンX』(週刊少年マガジン)で講談社児童まんが賞を受賞。1970年、漫画史に残る名作『銭ゲバ』(週刊少年サンデー)、『アシュラ』(週刊少年マガジン)を次々に連載。社会に衝撃を与えた。

1973年には『ビッグコミックオリジナル』で代表作『浮浪雲』の連載を開始。1978年に同作で小学館漫画賞を受賞。1978年、1990年の二度にわたりテレビドラマ化もされた同作の連載は、2017年の最終回まで44年に及んだ。

ほかにも、『ザ・ムーン』(週刊少年サンデー)、『ばらの坂道』(週刊少年ジャンプ)、『花のよたろう』(週刊少年チャンピオン)、『ピンクのカーテン』(週刊漫画ゴラク)、『恋子の毎日』(漫画アクション)など数多の作品を執筆。漫画界に多大な功績を残した。2020年5月12日急逝。次回作を構想中であった。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です