本のページ

SINCE 1991

ミステリーや海外文学でおなじみ!北見隆さん装幀画集『書物の幻影』刊行 解説は恩田陸さん

北見隆さん装幀画集『書物の幻影』刊行

北見隆さん装幀画集『書物の幻影』刊行

イラストレーターで宝塚大学東京メディア芸術学部教授の北見隆さんの装幀画集『書物の幻影』が、アトリエサードより刊行(発売は書苑新社)されました。
本書には40年に渡り北見さんが担当した数多くの作家の装幀画が収録されています。

 

北見隆さんが40年間に手掛けた装幀画から、約400点を収録した決定版!

北見隆さんは40年にわたり、多くのミステリー小説や海外文学などの装幀画を手掛け、そのイラストで作家や読者を魅了し続けています。

本書にはこれまで北見さんが担当した、赤川次郎さん、今邑彩さん、恩田陸さん、中島らもさん、折原一さん、津原泰水さんなど数多くの作家の装幀画が約400点収録されています。

「いつか書かれるべき、いつか造られるべき理想の小説と本を、ずっと求め続ける。それは、我々も著者も装丁家も、きっと同じなんだ」
――恩田陸さん 「三月は淡き紅の影を」(解説)より

 
<北見隆さんが装幀画を担当した主な作家(本画集に収録)> ※敬称略

赤川次郎、今邑彩、薄井ゆうじ、折原一、恩田陸、小池真理子、島田荘司、殊能将之、谷山浩子、辻村深月、津原泰水、中島らも、眉村卓、皆川博子、イタロ・カルヴィーノ、ウンベルト・エーコ、カレル・チャペック、ジョン・ディクスン・カー ほか

 

北見隆さん コメント

私の表紙イラストレーションの仕事の大半は、ミステリー小説である。
私の作風とミステリー小説との相性が良かったのであろう。

 
ここにある絵は物語が無かったら生まれて来なかった絵とも言えるわけで、私の作風は、多くの作家さんの物語によって育まれて来たのかもしれない。

 
イラストレーションは「物語への導入」という本来の役割から解き放たれた時、魅力ある1枚の絵として一人歩きをする事が可能なのであろうか。
「書物の幻影」というタイトルを付けたのは、そんな感慨からでもあった。

――北見隆

 

北見隆さん プロフィール

北見隆さんは、1952年生まれ。東京都出身。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。イラストレーター。

赤川次郎さん『三毛猫ホームズ』シリーズ 、恩田陸さん『麦の海に沈む果実』他の装丁・装画を担当。著作に絵本『夢から醒めた夢』(文:赤川次郎さん)など。

★公式サイト:http://www.ne.jp/asahi/takashi/kitami/
★公式ブログ:http://takashikitami.asablo.jp/blog/

 

北見隆 装幀画集 書物の幻影 (TH ART SERIES)
北見 隆 (著)

赤川次郎、今邑彩、恩田陸、中島らも、折原一、津原泰水……
あのワクワクは、この絵とともにあった――
北見隆が40年間に手がけた装幀画から、約400点を収録した決定版画集!

赤川次郎の装幀画を最初に担当したのは1981年。
多くのミステリー小説や海外文学などの装幀画を手がけ、その物語世界へ、数多の読者をいざなってきた北見隆。
北見ならではの幻想的でミステリアスなエッセンスが、作家や読者を魅了し続けています。

本書は、その膨大な仕事を北見自身がまとめあげ、デザインまでおこなった決定版画集です!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です