本のページ

SINCE 1991

デビュー25周年!芥川賞作家・藤野千夜さんの『ベジタブルハイツ物語』など小説4作品が電子書籍化

インプレスグループの株式会社ICEが運営する電子書籍レーベル「impress QuickBooks〔R〕」(インプレス・クイックブックス)は、2000年『夏の約束』で芥川賞を受賞した藤野千夜さんのデビュー25周年を記念して、小説『ベジタブルハイツ物語』『さやかの季節』『中等部超能力戦争』『少女怪談』の4作品を電子書籍化しました。

 

電子書籍化4作品 内容紹介

 
『ベジタブルハイツ物語』(2005)

各部屋に野菜の名前がついた、ワンルームのアパート。その住人たちのあまりうまくいかない生活と、それとは別の悩みを持つ大家一家の暮らしを並行に、ペーソスとともに描きます。

 
『さやかの季節』(2007)

大家一家の娘、山本さやかが親元を離れ、田舎の下宿から大学に通うのどかな青春小説です。『ベジタブルハイツ物語』の後日談になっています。

 
『中等部超能力戦争』(2007)

幼なじみのしーちゃんには、おかしな力がある。中三から高一にかけて、女子ばかりの学校でしーちゃんと仲よくなったはるかの、しょぼい超能力戦争が今はじまる!

 
『少女怪談』(2008)

ティーンエイジャーを主人公に、心の奥の揺れを見つめる「こわくない怪談」4編。漫画家Tivさんによるキュートなカバーイラストは、この電子版のための描き下ろしです!

 

著者プロフィール

著者の藤野千夜(ふじの・ちや)さんは、1962年、福岡県生まれ。千葉大学教育学部卒業。漫画雑誌の編集者を経て、1995年に「午後の時間割」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。

日常を軽やかに描きながら、すべてをやさしく抱きとめるような空気感を持ち、1998年には『おしゃべり怪談』で野間文芸新人賞を、2000年には『夏の約束』で芥川賞を受賞。

主な作品に『少年と少女のポルカ』、『ルート225』(多部未華子さん主演で映画化)、『親子三代、犬一匹』(朝日新聞夕刊連載)、『君のいた日々』(木皿泉さん脚本で舞台化)、『時穴みみか』、『すしそばてんぷら』、『編集ども集まれ!』など。

現在、『小説推理』に老夫婦を主人公にした「じい散歩」を、Webサイト「女子カレ」に母娘の葛藤を描いた「ジユウな母とオクビョウな私」を連載中。さらに今春より、JAグループの子ども雑誌『ちゃぐりん』にて、おいしいお米を求めて少女と愛犬と神様が旅する「おにぎりミミカ物語」を連載予定。

 

ベジタブルハイツ物語 (impress QuickBooks)
藤野 千夜 (著)

アボカドはA号室、ブロッコリーはB、キャロットのC、そしてダイコンのD。アパートには野菜の名前のついたそれぞれの部屋での日常だけど微妙だけど不思議で滑稽な違和感。
大家の山本さんは四人家族。両親、予備校生の息子、高校生の娘、住人たちと大家さん、みんななんとなく、のんびりな平和主義者たち。
…だけど心の奥にゆっくりと積もる澱。
芥川賞作家の現代風のライトでありながら、読み進めていくと丁寧で微細に描かれている世界感。だけど、そのままゆっくりと季節は巡っていく。

さやかの季節 (impress QuickBooks)
藤野 千夜 (著)

ベジタブルハイツの大家の娘、山本さやかは浪人生活から解放された。
父に甘やかされ育ったためか傲慢でわがまま?
両親・兄・愛犬に囲まれ何不自由ない生活。恋人・ダイちゃんはそんなさやかに愛想も尽かさず、さやかの仕掛ける喧嘩にも付き合ってくれる。
友達の反田ちゃんもマイペースなさやかにはとても優しい。
子供ではなく、半分大人になった開放感、心身ともに若く、自由なキャンパスライフはリアル、それは人生で一番贅沢な時間なんだだとまだ気づかない…。

中等部超能力戦争 (impress QuickBooks)
藤野 千夜 (著)

進学校の女子中学校での2人の女の子の仲違いから…ささやかなある現象が所々でほんのりと発生…?
すでに小学生のころには変な力があった小清水さんは周囲から少しゆがんだ目で見られていた。
そして、いつしか小清水さんは中学生になると…浮いた存在になっていた。
そんな小清水さんのしょぼい超能力をはるかだけは知っている。
女子校を舞台に思春期を迎える少女たち。本音と建前、大人とは違う小さな社会のなかですれ違う気持ち。
そして、はるかも目覚める。

少女怪談 (impress QuickBooks)
藤野 千夜 (著)

13歳は幼くて素直で可愛くて…残酷。
平穏な日々に浮遊しているふとした拍子に感じる不安感。
大人にとって、他人からするとどうってことない事かもしれない、でも自分にとっては例えようもない恐怖…。
なんとなく面倒くさいのは…思春期だから?
実は彼女たちは計算している。どこまで許されて、子供のふりでいられるか…。

無意識な日常の中でさ迷う少女たちの4つの短編集「ペティの行方」「青いスクーター」「アキちゃんの傘」「ミミカの不満」を収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です