本のページ

SINCE 1991

島沢優子さんノンフィクション作品『左手一本のシュート』がドラマ化 主演は中川大志さん

島沢優子さん著『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』が実写ドラマ化

島沢優子さん著『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』が実写ドラマ化

島沢優子さん著『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』(小学館文庫)が、実写化ドラマされ、3月14日(土)にBS-TBSで放送されます。中川大志さんが主演。

 

死の淵からの生還、利き手を転換して勝利のシュートを決めた! 天才バスケ少年の苦闘の軌跡と、パラリンピック挑戦という未来

山梨県トップのバスケットボール選手・田中正幸さん(当時15歳)は高校入学式の3日前、突然、脳動静脈奇形による脳出血に襲われ昏睡状態に。一命は取りとめるものの右半身は微動だにせず、意識を取り戻したその日から苦闘が始まります。

「再びゲームに出場してみせる!」そんな強い夢を抱いてリハビリに挑み、利き手は左手に転換。高校3年生最後の公式戦に出場し、残り3分32秒に左手一本でシュートを決め、チームにインターハイ出場という奇跡を呼び込みました。

 
母をはじめとした家族、理学療法士等のリハビリスタッフ、監督やチームメイト、OBたち…。本書は多くの人に励まされながら困難に打ち克った正幸さんの軌跡を描いた、感涙のノンフィクションです。パラリンピックに挑む現在を追った「新たなる挑戦 主人公の“いま”」を終章として加筆。

 

BS-TBS 開局20周年ドラマ『左手一本のシュート』概要

■放送日:2020年3月14日(土)21:00~

■出演:中川大志さん、永作博美さん、石黒賢さん ほか

★公式サイト:https://www.bs-tbs.co.jp/hidarite/

 

著者プロフィール

著者の島沢優子(しまざわ・ゆうこ)さんは、ジャーナリスト。筑波大学4年時に全日本大学女子バスケットボール選手権優勝。

スポーツ紙記者などを経てフリーに。教育、スポーツ関係を中心に執筆活動を行う。著書に『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実 そして少年は死ぬことに決めた』『部活があぶない』『世界を獲るノート アスリートのインテリジェンス』他多数。

 

左手一本のシュート: 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活 (小学館文庫)
島沢 優子 (著)

山梨県の中学バスケットボール選手でナンバーワンと言われた田中正幸。県立日川高校の入学直前に一〇万人に一人が発症するという脳動静脈奇形による脳出血で倒れこん睡状態に。生死をさまよった高校生が起こした奇跡とは―。死の淵から蘇り、再びバスケットコートに戻った「あの日」までの一一六七日間、三分三二秒への軌跡を紡いだノンフィクション、『左手一本のシュート』。高校卒業後から始めた夢の第二章、パラリンピックへの挑戦を大幅に加筆。

 
【関連】
BS-TBS開局20周年記念ドラマ「左手一本のシュート」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です