本のページ

SINCE 1991

佐賀県が「肥前さが幕末維新博覧会」を記念して、第10代藩主・鍋島直正をテーマとした漫画と小説の連載を開始

佐賀県が「肥前さが幕末維新博覧会」を記念して、第10代藩主・鍋島直正をテーマとした漫画『鍋島直正』と小説『かちがらす』の連載を開始

佐賀県が「肥前さが幕末維新博覧会」を記念して、第10代藩主・鍋島直正をテーマとした漫画『鍋島直正』と小説『かちがらす』の連載を開始

佐賀県は、2018年の明治維新150年に合わせて開催する「肥前さが幕末維新博覧会」を記念して、幕末維新期における偉業や偉人たちの活躍を県内外にPRするべく、2017年6月より、第10代藩主・鍋島直正をテーマとした、漫画『鍋島直正』と小説『かちがらす』の連載を開始しました。

★漫画「鍋島直正」電子版ホームページ: http://nabeshimanaomasa.com/

 

日本の産業革命は佐賀から始まった!

佐賀県は、日本初の実用蒸気船や鉄製大砲の鋳造を成功させるなど、幕末日本の近代化をリードした佐賀藩を県内外にPRするべく、藩を牽引した第10代藩主・鍋島直正の生涯をテーマに、漫画家・太神美香さんが書き下ろす漫画『鍋島直正』が、今月より毎月15日に1話ずつ、合計6話をウェブ上で電子版を無料配信。

12月には全6話をまとめた単行本の発刊を予定しています。

20170619_d2

 
また、新田次郎文学賞や中山義秀文学賞など受賞歴多数の歴史小説家・植松三十里さんが書き下ろす小説『かちがらす』が、6月1日より佐賀新聞で連載を開始しました。毎日、約180回を予定。挿絵は鳥栖市出身のデジタルアーティストwataboku(ワタボク)さんが担当。

こちらも連載終了後、書籍化し、全国での発売を予定しています。

20170619_d3

 

太神美香さん プロフィール

太神美香さんは、メディアファクトリー『フラッパー』でデビュー後、マンガ家・イラストレーターとして活躍中。代表作は『海の民宗像 玄界灘の守り神』(2015年、梓書院)。

 

植松三十里さん プロフィール

植松三十里さんは、静岡市出身。1977年、東京女子大学史学科卒業後、婦人画報社編集局入社。7年間の在米生活、建築都市デザイン事務所勤務などを経て、フリーランスのライターに。2003年に『桑港にて』で歴史文学賞受賞。2009年に『群青 日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞受賞。同年『彫残二人』で中山義秀文学賞受賞。

 

「肥前さが幕末維新博覧会」概要

佐賀県では、明治維新150年を契機に、佐賀の偉業や偉人を顕彰し、偉業を成し遂げた先人の志を、今に活かし未来に繋いでいくため、「肥前さが幕末維新博覧会」を開催します。

●会 期:2018年3月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)

●エリア:佐賀市城内エリア(メイン会場)県内市町と連携して全県的に取り組む

●公式HP:https://www.saga-hizen150.com

 
【関連】
マンガ鍋島直正|日本の産業革命は佐賀から始まった
肥前さが幕末維新博覧会 佐賀明治維新150年

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です