本のページ

SINCE 1991

ほのぼの母娘4コマ漫画『ちはるさんの娘』が完結

『ちはるさんの娘』 (c) 西炯子/双葉社

『ちはるさんの娘』 (c) 西炯子/双葉社

『月刊まんがタウン』で約12年間連載されていた、西炯子さんが描く人気の4コマ漫画『ちはるさんの娘』が最新第4巻で完結を迎えます。

 

バツイチ娘・ちなつの恋の行方は!? 心癒されるエンディングに注目!

『ちはるさんの娘』は、乙女チックで元気な母・ちはるさん(80歳)と、ミステリー作家のバツイチ娘・ちなつさん(38歳)が繰り広げるコメディ作品です。

最終巻となる4巻では、ちなつさんの恋の行方を軸に物語が展開されます。

 
<第4巻あらすじ>
年下の担当編集者・梅本くんは、ちなつさんを慕っていたが、最近新人作家の小島りおに関わることが多くなっていた。あくまでも仕事の関係と、わかっていても、ちなつさんの心は揺らぐ…。そんな中、ちはるさんが大ファンの特撮イケメンと実際に遭遇!?
心癒される意外なエンディングをどうぞ読み逃しなく!!

 

編集者コメント

『月刊まんがタウン』で約12年間、シリーズ連載された西先生の名作です。可愛らしいおばあちゃんと、様々な女性の悩みを抱える娘のコミカルで、ほんわかするやり取りをお楽しみください。ちなつさんの恋愛模様が、どんな結末を迎えるのか要注目の4巻です。この機会に是非、全4巻イッキ読みをオススメします。

 

西炯子さん プロフィール

西炯子(にし・けいこ)さんは、鹿児島県指宿市出身。高校在学中、『JUNE』にてデビュー。

代表作は、『三番町萩原屋の美人』、「STAY」シリーズ、『娚の一生』『姉の結婚』『カツカレーの日』ほか多数。近作は『お父さん、チビがいなくなりました』『たーたん』『初恋の世界』『恋と国会』など意欲的に活躍。

 

ちはるさんの娘(4) (アクションコミックス)
西 炯子 (著)

西炯子が描く母娘4コマコメディ、完結の4巻。

ちはるさんの娘(1) (アクションコミックス)
西 炯子 (著)

人気ミステリー作家、五十嵐ちなつさんの母上は、身も心も若い80歳のちはるさん。元気いっぱいのちはるさんに振り回されっぱなしのちなつさん。やがてちなつさんの前に、気になる年下の編集者が現れて…。時にスラップスティック、時にほろりと…。名手西炯子が描く母娘コメディ4コマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です