本のページ

SINCE 1991

宅配型トランクルーム「利創庫(risoco)」 “本棚”機能が登場 従来の1冊単位からの出庫に加え、再入庫が可能に

宅配型トランクルーム「利創庫(risoco)」 “本棚”機能が登場 従来の1冊単位からの出庫に加え、再入庫が可能に

宅配型トランクルーム「利創庫(risoco)」 “本棚”機能が登場 従来の1冊単位からの出庫に加え、再入庫が可能に

阪神電気鉄道株式会社が展開する、宅配便を活用した荷物預かりサービス「利創庫(risoco)」では、6月16日から、書籍の預かりサービス(risoco books)について、従来の1冊単位での本の出庫サービスに加え、その取り出した本を1冊だけでも倉庫にある元の箱に再入庫することができるようになりました。

 

自宅の本棚のように「利創庫(risoco)」サービスを利用

「利創庫(risoco)」では、書籍は箱に梱包して所定の倉庫で保管されていますが、1冊単位で箱から出庫した場合、従来は、その書籍を入庫して、再度同じ箱に入れることはできませんでした。

今回の新サービスで、これが可能になることで、自宅の本棚のように「利創庫(risoco)」サービスを利用できるようになります。

 
【手数料】

●再入庫(新サービス) 70円

●出庫(従来から) 120円×冊数+300円
※再入庫の際の倉庫への書籍の送付は郵便、宅配便等、ユーザーの都合のよい方法で送れます(送料はユーザー負担)。

 
なお、「利創庫(risoco)」は、昨年10月には特定非営利活動法人・一般社団法人ハウスキーピング協会が主催する整理収納のスペシャリストが選ぶ表彰制度「シンプルスタイル大賞 2016」のサービス・空間部門で、金賞を受賞しています。また、3月からは、お子さんの大切な思い出の品を、長期間見守る新サービス「おもいで ミマモルメ」を開始するなど、新たなサービスも展開しています。

20170618_a220170618_a320170618_a4

 

「利創庫(risoco)」の概要

「利創庫(risoco)」は、倉庫会社や宅配会社と提携し、ユーザー自ら梱包し、宅配便で送られた荷物を預かり、倉庫業者の倉庫で保管し、ユーザーの請求に応じて、自宅等へ荷物を返却するサービスです。

 
【商品構成・料金体系】
(1) risoco box
様々な荷物を倉庫で保管するサービスで、3種類の箱の中から、荷物の用途に応じて、大きさを選んでもらい保管するサービスです。

●small(箱の種類)
箱サイズ(単位:mm):縦440×横320×高さ210
専用ボックス購入料:250円/箱
月額保管料:300円/月

●regular(箱の種類)
箱サイズ(単位:mm):縦400×横330×高さ280
専用ボックス購入料:250円/箱
月額保管料:300円/月

●large(箱の種類)
箱サイズ(単位:mm):縦450×横330×高さ385
専用ボックス購入料:250円/箱
月額保管料:400円/月

※金額は税抜き。上記の料金には、宅配便料金が含まれています。

 
(2)risoco books

●書籍登録作業
書籍に特化したサービスで、倉庫で箱を開封し、書名・著者名・出版社を電子データで登録し、WEB上で預けた本のリストを閲覧することができ、1冊ずつの自宅等への返却も可能です。

また、ご希望によりフィルムによる本のラッピング(シュリンク)サービスも行っており、透明のフィルムで、本を1冊ずつ覆い、より良い状態で書籍を保管します。

 
箱サイズ(単位:mm):縦440×横320×高さ210
専用ボックス購入料:250円/箱
書籍登録料:200円/箱
月額保管料:300円/月

※金額は税抜き。上記の料金には、宅配便料金が含まれています。
※シュリンクはオプションで、300円/箱、書籍登録料は1箱30冊まで(30冊超は1冊につき10円)

 
【関連】
利創庫(risoco)|リソコ|阪神が提案する新しい収納の形 宅配型トランクルーム
宅配型トランクルーム「利創庫(risoco)」サービスに“本棚”機能が登場 ~従来の1冊単位からの出庫に加え、再入庫が可能になります~〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です