本のページ

SINCE 1991

Amazon、電子書籍の定額読み放題サービスで1000タイトル以上の書籍を一方的に削除 講談社が抗議声明

講談社は10月3日、Amazon.co.jpが8月3日にスタートした電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」において、配信していた1000タイトル以上の書籍や雑誌すべてが一方的に削除されたことを発表しました。

Amazon.co.jpに対し強い抗議の意を表明しています。

講談社は3日、アマゾンジャパンが提供する電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」で読める講談社の1000を超す作品全てを一方的にアマゾン側が削除したとして、抗議する声明を発表した。

★講談社の声明文(PDF)
アマゾン「キンドル アンリミテッド」サービスにおける講談社作品の配信停止につきまして

アマゾンジャパンは8月3日、月額980円で小説や漫画、雑誌など約12万冊と洋書120万冊を取りそろえた「キンドル アンリミテッド」を開始しています。
出版関係者によると、8月中旬には、人気が集中した漫画や写真集がラインアップから外れ始めました。作品を幅広く集めようとしたアマゾンは一部出版社に対し、年内に限って規定の利用料に上乗せした料金を支払うと契約していましたが「想定以上の人気で、予算が不足したために外した」と説明。

講談社も17、18点を削除されたため、原状回復を求めて抗議を続けていたところ、逆に、9月末になって読み放題に提供した千を超す作品全てが削除されたということです。光文社など、講談社以外の複数の出版社の作品も削除されたようです。

講談社広報室は「アマゾン社の配信の一方的な停止に対して強く抗議する。引き続きアマゾン社には善処を求めたい」としています。

出版社や著者もお怒りでしょうが、定額で利用料を払っているのに、人気作品が読めなくなっているのでは購読者にとっても不利益な話ですね。

一方で「アマゾンの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に「知らない間に入れられている」」という著作者の方からの指摘も。契約上はOKのようですが、出版社と著作者の間の信頼関係の観点から問題有りではないでしょうか。

【関連】
電子書籍の配信停止 講談社がアマゾンに抗議声明 | NHKニュース
講談社、Amazonへ強く抗議 「Kindle Unlimited」から説明なく全作品消され「憤っております」 – ねとらぼ
アマゾンの「読み放題サービス」、講談社作品千件超すべて削除される 講談社「アマゾンの一方的配信停止に強く抗議」 光文社550作品も (産経新聞) – Yahoo!ニュース
Amazonに講談社ら激怒「一方的に配信停止された」
アマゾンと楽天、「読み放題」の勢いは続くか (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です