本のページ

SINCE 1991

投資専門Web書店「トレーダーズ書店」がオープン! 海外の書籍を中心に、価値ある投資家必読の良書をプロが厳選!

投資専門Web書店「トレーダーズ書店」がオープン!

投資専門Web書店「トレーダーズ書店」がオープン!

投資顧問会社として日本最大規模の顧客数とメールマガジン読者数(16万9,507名/2019年10月現在)をもつ株式会社FPOは、投資関連書籍を専門に取り扱うWeb書店「トレーダーズ書店」をオープンしました。

★トレーダーズ書店ホームページ:https://www.traders-books.com/

 

世界の優れた叡智を日本の投資家・トレーダーに!

時代の変遷とともに資産運用のかたちは「貯蓄」から「投資」へとシフトしてきています。しかし、ネットの普及に伴い情報共有の環境は飛躍的に改善されてきたとはいえ、日本は先進国にあって欧米に比べ投資に関する教育環境が驚くほど遅れてきました。

 
今でこそ多くの人が「投資」に関心を持つようになり、書店に行けば投資やトレーディングの関連書籍が並ぶコーナーも設けられています。ただ、手に取りやすいところに陳列されているものの多くは「読むべき本」ではなく、「売れる本」と言わざるを得ません。

 
つまり、実際に売れているのは「簡単に楽々儲かる」「素人が短時間で稼げる」といった誤解を招く類のものが少なくないということです。それでは世界標準の知識に追いつくどころか引き離されるばかりです。

 
投資は、限りなくギャンブル化してしまう危険性を孕んでいます。基礎知識さえおぼつかない状態の投資家に継続的な安定収益はのぞめません。

 
一方で世界を見渡せばトレーディングにまつわる良書が溢れています。トレーダーズ書店では、濃密な学びを得られる海外の優れた書籍の翻訳書を中心に、価値ある投資家必読の書を厳選し、紹介していきます。

 

「トレーダーズ書店」と他のWeb書店との違い

「トレーダーズ書店」の特徴は、運営元が投資系メールマガジン読者登録数日本一(16万9,507名/2019年10月現在)のFPO投資顧問であり、第一線でマーケットに関係している投資教育のプロたちが厳選した書籍を仕入れていることです。

 
ほとんどの人がネットで本を買うときには、レビューを参考にしていることでしょう。ですが、投資系書籍の場合はレビューに書き込まれた内容や☆評価はさほど参考になりません。

というのも、読み手の経験値や知識量によって、良い本であるにも関わらず正しく評価をされていない場合があるからです。

 
トレーダーズ書店では、帯に書かれた誇大な表現に惑わされることなく、内容重視で本当に投資家(トレーダー)のパフォーマンスに役立つか、利益に直結するかというプロの客観的な視点で仕入れる書籍がセレクトされているため、レビューに影響を受けることがありません。

 
さらに他のWeb書店には真似できないストロングポイントとして、海外で高い評価を得ている書籍であっても、日本ではまだ翻訳されていない良書を、自社で翻訳出版していく仕組みを持っていることが挙げられます。

 
2019年3月1日には、世界17カ国で翻訳され、500万部超のベストセラーとなったアレキサンダー・エルダー博士の名著『ザ・トレーディング』を翻訳出版し、発売以来、Amazon.co.jpの証券・金融市場カテゴリの売れ筋ランキングにおいて、常にトップ10入りをしています。

★トレーダーズ書店『ザ・トレーディング』詳細ページ:https://www.traders-books.com/books/the-trading/

 
トレーダーズ書店は、「世界標準の投資教育を日本に!」を合言葉に、日本の個人投資家(トレーダー)に役立つ素晴らしい書籍を紹介していきます。

★「トレーダーズ書店」の詳細はこちら:https://www.traders-books.com/about/

 
【関連】
トレーダーズ書店 | 投資家・トレーダー必読の良書を厳選
トレーダーズ書店とは? | トレーダーズ書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です