本のページ

SINCE 1991

完全新作オリジナルストーリー!『孤独のグルメ』を初代担当編集者・壹岐真也さん小説化 リリー・フランキーさん「この人の味覚は、涙の味がする」

『孤独のグルメ』を初代担当編集者・壹岐真也さん小説化

『孤独のグルメ』を初代担当編集者・壹岐真也さん小説化

国民的グルメ漫画『孤独のグルメ』がノベライズされ、完全新作オリジナル小説『小説 孤独のグルメ 望郷篇』として扶桑社より刊行されました。

 

小説で描く、完全新作オリジナルストーリー!国民的グルメ漫画『孤独のグルメ』が小説版として帰ってきた!

今回の小説化にあたっては、原作・久住昌之さん×作画・谷口ジローさんによる食漫画の金字塔『孤独のグルメ』の世界観を踏まえ、初代担当編集者である壹岐真也さんが、完全オリジナル小説を執筆。

哀愁と空腹の全18話を収録しており、漫画よりも少しやさぐれ気味でハードボイルドな井之頭五郎が、東京を縦横無尽に食い尽くします。

なお本作発売日である10月4日(金)は、ドラマ『孤独のグルメ Season8』のO.A.もスタート。“食欲の秋”にふさわしい、空腹を刺激する一冊です。

 
<小説版・井之頭五郎が歩む、哀愁のグルメ記>

◎酷暑の渋谷、日傘の影だまりと冷や汁に救われる
◎武蔵野の果ての坂の底。白いイタリアンを食べて我に返る
◎ハロウィンのアリスと、底知れない沖縄のヤファジューシー
◎浅草の片隅でロシア料理の強靭な連続技に熱く火照る
◎おせちと七面鳥のあとにかぶりつく新大久保のハットグ
◎世界の大巨人の栄光を思いながら啜る、赤坂の排骨拉麺

 

帯コメントはリリー・フランキーさんが担当! さらに原作・久住昌之さんのコメントも!

■リリー・フランキーさん
「この人の味覚は、涙の味がする」

■久住昌之さん
「ボクの知らない五郎。でも読み進んでいくと、たしかにこれはボクが漫画に描いた井之頭五郎だ!こんな不思議な感動初めて」

 

壹岐真也さん プロフィール

著者の壹岐真也(いき・しんや)さんは、1960年、東京生まれ。『月刊PANJA』編集部時代に漫画「孤独のグルメ」の連載を立ち上げる。

『週刊SPA!』編集部、文芸誌『en-taxi』立ち上げ編集長を経て、現在はフリーで編集、執筆を手がける。

 

小説 孤独のグルメ 望郷編
壹岐 真也 (著)

井之頭五郎が小説になって帰ってきた!!

原作・久住昌之×作画・谷口ジローによる食漫画の金字塔『孤独のグルメ』の世界観を踏まえ、初代担当編集者である壹岐真也氏が完全 オリジナル小説を執筆。

渋谷の冷や汁、浅草のロシア料理、赤坂の排骨拉麺、武蔵野の果てのイタリアンetc.
漫画よりちょっとハードボイルドでやさぐれ気味な井之頭五郎が東京を縦横無尽に食い尽くす哀愁と空腹の全18話を掲載!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です