本のページ

SINCE 1991

講談社『なかよし』創刊65周年記念!原画展を弥生美術館で開催

(c)秋元奈美(c)あさぎり夕(c)あべゆりこ(c)安野モヨコ/コルク(c)征海未亜・吉田玲子(c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.(c)たかなししずえ・雪室俊一(c)Naoko Takeuchi(c)立川恵(c)手塚プロダクション(c)猫部ねこ(c)PEACH-PIT

(c)秋元奈美(c)あさぎり夕(c)あべゆりこ(c)安野モヨコ/コルク(c)征海未亜・吉田玲子(c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.(c)たかなししずえ・雪室俊一(c)Naoko Takeuchi(c)立川恵(c)手塚プロダクション(c)猫部ねこ(c)PEACH-PIT

1954年に創刊された、日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ『なかよし』(講談社)は、 2020年1月号で65周年を迎えます。

『なかよし』の65周年を記念して、原画展「創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~」が弥生美術館(東京・文京区)で10月4日(金)~12月25日(水)に開催されます。

 

『なかよし』の歴史を辿る展覧会を開催!

本展では、これまで『なかよし』に掲載された、手塚治虫さん『リボンの騎士』、美内すずえさん『妖鬼妃伝』、あさぎり夕さん『なな色マジック』、武内直子さん『美少女戦士セーラームーン』、猫部ねこさん『きんぎょ注意報!』、CLAMP『魔法騎士レイアース』、連載中の『カードキャプターさくら クリアカード編』、安野モヨコさん『シュガシュガルーン』、PEACH-PIT『しゅごキャラ!』 など数々の名作の貴重な原画を展示します。
※手塚治虫さんの「塚」は、点のある旧字が正。

また、昨年逝去した、あさぎり夕さんのスペシャル追悼コーナーも設けられます。

 
さらに、立川恵さん『怪盗セイント・テール』、征海未亜さん画・吉田玲子さんシナリオ『東京ミュウミュウ』などの懐かしの付録も併せて展示。上北ふたごさん画・東堂いづみさん原作「プリキュア」シリーズなどの現在の『なかよし』連載陣を紹介する展示コーナーもあります。

 

「創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~」 開催概要

■会場:弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-3)

■会期:2019年10月4日(金)~12月25日(水)
※月曜休館 ただし、10/14、11/4(祝月)開館、翌10/15、11/5(火)休館
※作品保護のためカラー原画の展示替えがあります。前・中・後期の3期展示で、会場構成、出展作家は変わらず、原画のみが入れ替わります。

■開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)

■料金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
※隣接の竹久夢二美術館もご覧になれます。
※団体料金、他割引サービスがあります。
詳細は、弥生美術館HP等をご確認ください。

★詳細URL:http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/next.html

 
【関連】
創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~|弥生美術館・竹久夢二美術館

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です